BLOG

スピリッツの樽熟成

本日は中迫が担当させていただきます。

最近少しずつ暖かくなってきて冬場とは違った意味合いで起きるのが辛くなってまいりました。

とはいえ昼と夜の寒暖差はまだまだ厳しいので体調管理には気をつけたいものです。

 

 

一般にウイスキーやブランデーは樽熟成を経て出荷されています。

樽熟成と一言に言っても実は未だ熟成のメカニズムは解明されておりません。

わかっていることを大雑把に説明いたしますと

「樽の香味成分が透明の原酒と反応しあい独特の風味や香り、色を付ける」

ということ。

ポリフェノールやリグニンといった成分が溶け出し・・・云々といった話はややこしいので割愛しますがいずれにしてもブラウンスピリッツの味や香りの大部分を占めるファクターです。

※ブラウンスピリッツとは木樽熟成工程を経た褐色のスピリッツ(蒸留酒)をさします。

元々樽熟成は密造酒から生まれたといわれております。

スコットランドがイングランドに併合された際、財源確保の為に多額の酒税を課しました。

そこで各地で密造酒を製造し手近にあったシェリーの樽に隠し徴税から逃れようとしたのです。

ある時樽をあけてみると無色透明だったウイスキーには琥珀色が付き香りも味も素晴らしいものへと変化していたのです。

 

このあたりからスピリッツの品質は飛躍的に向上していきます。

現在では多数のモルトウイスキーはアメリカンホワイトオークの樽で熟成されております。

このことにも理由があり、アメリカには潤沢な資源があることに加えバーボンウイスキーの製造法がかかわってきます。

バーボンウイスキーは新樽のホワイトオークで熟成されたものでないといけないと法律で定められております。

その為一度熟成に使用した樽は使用できなくなります。

それに対しスコッチはほとんど新樽は使用されません。

新樽を使用すると熟成過程で苦み成分等の不要なものまで含んでしまうこともあり二番樽、三番樽を使用します。

ここで新樽のバーボンと二番樽以降のスコッチで利害関係が生まれます。

また、ここでシェリー樽を使うかバーボン樽を使うか・・・etc

樽によってさまざまな味わいの違いが生まれます。

シェリー樽でも、「フィノ」、「オロロソ」、「アモンティリャード」など全く味が異なっていきます。

 

ブラウンスピリッツに欠かせない樽熟成。

意識して飲んでみるとまた新しい発見があり面白いかもしれませんね。

 

 

小ネタといたしましてスピリッツの一つである焼酎。

焼酎には実は樽熟成を経たものはあまりありません。

これには理由があり光量規制(着色規制)と呼ばれる通達があるため。

樽熟成焼酎はウイスキー等に比べ光の透過率(透明度)を10%以下に抑えなければなりません。

透明度を下げるためには濾過が必要になりますがその過程により様々な成分も取り除かれてしまいます。

5年熟成焼酎なのもありますが色合いは非常に軽く透明度も高いのはそのためです。

いつか規制がかわり10年以上熟成の濾過していない焼酎を飲んでみたいものです・・・。

アードベッグ10年

夕方、日が長くなってきて

春はそこまで来ている感じがします。

今回は田原が書かせていただきます。

周年イベントでキャンペーンをさせていただきましたアードベッグ10年。

そのままの価格で通年させていただくことになりました。

 

アードベッグを知らない方からしたら

飲んだ瞬間になにこれ?!となるくらいスモーキーで

ヨード臭の強いウイスキーです。

スコットランドのアイラ島という地区の特徴で

よく保健室を思い出すとか正露丸、注射の…とか

色々な表現をされます。

ですが一度飲んでみて「え!」となっても

怖いもの見たさではありませんが

後日もう一度飲んでみようかな?となったりしたら…

つぎ飲んだ時には癖になってきております。

そしてこれにハマると

こういう風味がないと物足りなさを感じるほどです。

 

年に一度そのアイラ島で

アイラウイスキーフェスティバルが開催されます。

日替わりで各蒸留所のオープンデーがあり

今年は5月31日に「アードベッグデー」というイベントが行われます。

その日は毎年限定発売のウイスキーが登場しますので

ぜひご注目いただけたらと思います。

IMG_8282

中日本大会結果報告

こんにちは、舩戸です。

遅くなりましたが、先日行われた中日本大会の結果報告です。

 

 

今回は大変ミスが多く、かなり失敗もしました。

「なぜあんなミスを」と恥ずかしい思いです。

氷を飛ばしたり、セッティングを間違えたり 練習通りにはなかなかできないものですね。

結果としては4位入賞でしたが、反省の多い大会でした。

応援していただいた皆様ありがとうございました。

心配していただいた方々もありがとうございます。

来年、再来年に向けて頑張ります。

IMG_8302

シャンパン

本日は中迫が担当させていただきます。

早いもので2月も残りわずかとなってまいりました。

昼は暖かいと思えば夜は冷え込んだりと寒暖の差が激しいように感じます。

皆様もお体にはお気を付けください。

 

当店でも何種類かご用意しているシャンパン。

シャンパンにはいくつものサイズがあることをご存じでしょうか?

ハーフボトル、マグナムボトルなどは耳にしたことがある方もいらっしゃると思います。

1/4本 Quart / キャール 187mlをはじめといたしまして

1/2本 Demi-Bouteille / ドゥミ・ブートゥイユ 375ml

1本(フルボトル) Bouteille / ブートゥイユ 750ml

2本 Magnum / マグナム 1,500ml

3本 Marie Jeanne / マリエ・ジェンヌ 2,250ml

4本 Double Magnum / ダブルマグナム 3,000ml

6本 Jeroboam / ジェロボアム 4,500ml

8本 Imperial / インペリアル 6,000ml

12本 Salmanazar / サルマナザール 9,000ml

16本 Balthazar / バルタザール 12,000ml

20本 Nabuchodonosor / ナビュコドノゾール 15,000ml

24本 salomon / サロモン 18,000ml

35本 souverain / スーヴラン 26,250ml

36本 primat / プリマ 27,000ml

40本 melchizedek / メルキゼデック 30,000ml

 

凄い量です。

私もジェロボアムまでは見たことがありますがそれ以上は初めて聞くものもありました。

メルキゼデックに至っては重さ約50kg、高さ1m前後、グラスにして500杯ほどの量だそうです。

ph_050807-RC-146

通常のボトル、ブートゥイユ 750mlとメルキゼデックの比較写真、見てると目がおかしくなったような気がします。

価格は30万円を超すそうですが1/3は瓶代金だとか。

一般的に大きければ大きいほど熟成の関係で美味しくなるといわれております。

その関係もあるのか大きければ大きいほど容量に対して価格は割高になっていきます。

一度でいいのでメルキゼデックを飲んでみたいものです。

 

 

 

オールドボトルコーナー

今回、田原が担当させていただきます。

当店バックバー左のバーボンとスコッチの境目あたりに

オールドボトルコーナーを設けております。

全てを並べるにはスペースが足らず

と言っても少量しか在庫はございませんが…

常時1~2本くらいを並べております。

またリキュールの棚にも数本旧タイプのものが置いてございます。

懐かしの味わいを感じていただけるオールドボトル。

味わったことのない方には

昔の味はこんな味だったともお楽しみいただけます。

ウイスキーはワインと違い

瓶内熟成をしないと言われ続けておりましたが

実は僅かながら熟成しているというお話があります。

多少は味が変われど昔の味わいはいいですね。

現在は旧J&Bと現行J&Bを並べて置いており

飲み比べ等お楽しみいただけます。

IMG_8122

スノースタイル

本日は舩戸が担当です。

皆様こんにちは。

今日、名古屋は雪も降り積もり本当に寒くなりました。

全国的にも雪の影響で交通機関にもかなり影響が出ているようです。

暴風雪警報なんて聞きなれない言葉も。

春が待ち遠しいですね。

 

雪が降ると僕がまず思い浮かぶカクテルといえば『雪国』でしょうか。

1959年サントリーコンクルールで優勝したカクテルです。

グラスの縁に砂糖をつけて雪を思わせる。

ミントチェリーの緑色。

甘口で強い。

見た目の美しさとネーミングがマッチした作品です。

このカクテルを考えられた方は山形県の喫茶店ケルンの井山計一氏。

一度お邪魔してみたいお店です。

 

このグラスの縁につけた砂糖とか塩。

スノースタイルというのですが、どうやら和製英語らしいです。

外国に行っても通じません。

ただ、グラスに積もった雪に見立てるのはなんだか日本人らしくなんだか素敵です。

有名なカクテルですとマルガリータやソルティドッグなどがあります。

塩を少しずつ舐めながら飲むと味わいも変わっていきます。

口の中でお好みのカクテルを作るような気分でしょうか。

砂糖、塩の量など調節致しますので、気軽におっしゃっていただいて結構です。

グラスについた雪を眺めながらの雪見酒。

いかがでしょうか。

本日もお待ちしております。

ボンドマティーニ

本日は中迫が担当させていただきます。

ボンドマティーニ。

殆どの方はこう聞くとウォッカマティーニをシェイクしたものを思い浮かべるのではないでしょうか。

「Vodka Martini,Shaken,not stirred 」(ウォッカ・マティーニ、ステアではなくてシェイクで。)

うろ覚えですが映画で見る限りはオリーブもなかったような気がします。

映画第一弾のドクター・ノオはイアン・フレミング原作小説では

「I would like a medium Vodka dry Martini with a slice of lemon peel. Shaken and not stirred, please.」
(ミディアム・ドライのウォッカ・マティーニに、レモン・ピールを一切れ添えたものを、ステアではなく、シェイクしてくれ)

という台詞が登場しています。

原作準拠とするのであれば実はダニエル・クレイグに変わってからの第一作目「カジノ・ロワイヤル」が小説版においての第一作。

小説、映画共に出てきますがボンドがオーダーしたマティーニがヴェスパーマティーニ。

「A dry martini」 「ドライマティーニをくれ。」

「One. In a deep champagne goblet」

「深いシャンパンゴブレットで。」

「Just a moment. Three measures of Gordon’s, one of vodka,

half a measure of Kina Lillet」

「ちょっと待った。 ゴードンを3オンスにウォッカを1オンス、キナリレを1/2オンスで。」

「Shake it very well until it‘s ice-cold,

then add a large thin slice of lemon peel. Got it?」

「氷のように冷えるまでしっかりとシェイクして、

薄くて大きいレモンピールを入れてくれ。わかったか?」

Vesper、またはVesper Martiniと呼ばれるこのカクテル。

(小説版の)初代ボンドガールであるヴェスパーリンドを想ってオーダーされました。

このマティーニを初代ボンドマティーニだとご存じの方は相当な007好きな方ではないでしょうか。

味わいは比較的ライトで飲みやすくVesperの名を冠するだけあり女性的な味わいです。

日本においてキナリレは輸入できなかっただけでなく現在は製造されておりません。

その為後継銘柄であるリレ・ブランを使用してお作りしております。

リレブラン自体がわずか数人の醸造所で生産されているので手に入りづらいお酒です。

ヴェスパーに恋をし、スパイを辞めてまでの結婚を考えるボンド。

しかし事件に巻き込まれてヴェスパーは命を落とします。

ボンドは思い出とともにヴェスパーマティーニを封印し過去を断ち切ることで精神面においても本当の007になります。

 

それ以降の007ではウォッカマティーニとなります。

当店クライスでもヴェスパーマティーニをお作りさせて頂いております。

オリジナルの分量では多すぎるため通常のカクテルグラスでのご提供ですが・・・。写真

柔らかな口当たりで女性的な味わいのマティーニをお試しいただいてはいかがでしょうか?

 

加湿空気清浄機

今回は田原が担当させていただきます。

冬の空気が乾燥する季節

風邪、インフルエンザが流行る時期でもございます。

予防には手洗い、うがい等ございますが

空気の状態(加湿)も大切です。

特に皆様がご利用いただく店内では

少しでもいい状態をと

今まで1台で頑張ってもらってた加湿空気清浄機も

1台追加して2台で頑張ってもらっております。

加湿空気清浄器

もちろん花粉症の方もみえるので

花粉にも有効なタイプで、プラズマイオン搭載(あまり関係ないかも)

もちろんタバコの煙にも効果が強くというのを選び

より快適な空間になりました。

 

話がとびますが

以前家電屋さんで、とあるメーカーさんの店頭飛び入り販売??を

されてる方とお話しをする機会があり

色々とお話しを聞いてたら家電雑誌社との繫がりもあり

有名メーカーさんにも数社勤務された経験があったりと

かなりお詳しい様子。

こちらの状況(業務)も伝え、色々と聞いたのですが

結局そのかた、今お勤めの会社の商品を勧めませんでした。

お客様が本当に求めてるものを勧められたのです。

嬉しかったですね。

ですがそのお会社の商品の素晴らしさもわかり

家庭用としてはピカイチでしたので

頭のどこかに覚えておき

家の空気清浄機を買うときは

そちらを購入しようと思っております。

NBA東海合同支部大会

先日、13日に行われました支部予選会の結果報告です。

私、舩戸は本戦で総合2位。

中迫はエリートバーテンダーで3位でした。

応援していただいた皆々様、ありがとうございました。

練習しだした頃に比べればまずまずの結果でしょうか。

自分には無理なんじゃないかと思っていたくらいですから。

もちろん先輩方にはきついお言葉を沢山いただきました。

 

次回中日本の大会は2月16日(日)に岐阜で開催されます。

まだまだ練習不足です。

直すところもまだまだあります。

一か月後の大会では良い結果が残せるように頑張りたいと思います。

IMG_7936

1周年イベント

本日は中迫が担当させていただきます。

1月6日より1月11日にかけて1週間の間周年イベントを行っております。

ボトルキープキャンペーン、及び粗品のプレゼントでございます。

ボトルはジョニーウォーカープラチナム、ゴールド。

竹鶴21年、アードベッグでございます。

粗品はパーティーなどでお使いいただけますグラスマーカーをプレゼントさせていただいております。

グラスマーカーとは数あるグラスの中でご自身のグラスがどれかわからなくならないようになるためにつけるマークでございます。

unnamed

ささやかではございますが何卒宜しくお願い致します。

 

本年もよろしく宜しくお願い致します。

 

最新記事

pagetop