BLOG

200

こんにちは。舩戸です。

今朝のテレビは東日本の豪雨で悲惨なニュースばかりが流れていました。

一刻も早く救助されることを願うばかりです。

 

そんな暗い話題の中でも明るいニュースが。

レスリングの吉田沙保里選手が世界大会16連覇。前人未到の200連勝。

ただただ、すごいと思うばかりです。

人類最強と言われているそうですが、どれだけの練習をこなされているのか。

並大抵の努力ではないはずです。

 

僕はバーテンダーですのでこの「200」という数字を聞いて、ふと思い出したのはスコッチウイスキーの「アードベッグ」

なんと蒸留所が作られてから200年なんです。

200年前といいますと、まだナポレオン戦争が終わったころ。

日本ではまだ江戸時代です。

ウイスキーなんて存在も知らずに日本人は生活していて、お酒といえば日本酒。

今と比べれば精米歩合も高めの92%ほど。

雑味も多く、杉樽で保管するため杉香も強くなり、加水して濃い日本酒と混ぜて売っていたそうです。

これはお客様をごまかすためではなく、美味しくするために。

なのでアルコール度数は5%ほどだそうで。

丁度ビールと同じくらいでしょうか。

1817年両国柳橋で開催された酒飲み大会。

1位は鯉屋利兵衛さん 1斗9升5合(約35リットル)

ビール程度のアルコール度数と考えても僕には絶対無理ですね。

 

ところがそんな頃。

遠い国のスコットランでは麦で作ったビールの様なものを蒸溜させて、もっとアルコールの強い酒を造っちゃえってことになっていたんです。

17世紀のスコットランドではナポレオン戦争の影響で酒税が大幅に引き上げられていました。

イングランドに併合され、地酒であったスコッチに税金までかけられたとなったら、やってらんないよ、ってことで密造酒が増えていったそうです。

作った酒を隠さなければいけないということで、ウイスキーをこそっと作っては樽の中に詰めて隠していたそうで。

後で飲んでみると樽に詰めた方が美味しい、なんてことが分かったそうです。

そんな昔から今のような美味しいウイスキーがあったのかはわかりませんが、アルコールに対してはスコットランド人の方が強かった気がしますね。

鯉屋利兵衛さんだったらどれだけウイスキーを飲めたかわかりませんが。

日本に初めてウイスキーが伝わったのが1853年のペリー来航時。

それを考えるとたった160年ほど前。

人類が初めてアルコール飲料を作ったとされるのは紀元前4000から5000年。

まだまだ新しいお酒です。

歴史を感じながらウイスキーを飲む。

いかがでしょうか。

知多蒸溜所工場見学

田原です。

色々とネタが沢山できまして書きたいことが多いのですが

古いものから書かせていただきます。

8月20日平日ですがバーテンダー協会とホテルバーメンズ協会合同で

サントリー知多蒸溜所へご案内いただきました。

IMG_6216

今まで見学コースのようなものがなく今回初めてセミナーも含めた見学コースをされるとのことで楽しみにしてお邪魔しましたが

工業地帯の中にある感じで、今まで行った蒸溜所とはタイプの違う

いわゆる工場でした。

 

セミナールーム兼ディスプレイルームと言ったらいいのでしょうか

こちらにご案内いただき

IMG_6209

IMG_6210

 

IMG_6212

こちらが蒸溜所全体の模型です。

IMG_6213

そしてこの後案内いただく蒸留機の模型

 

 

軽い説明をいただき工場見学へ。

建物を出てすぐに蒸留機まで到着し出てきたのがこちら

IMG_6219

連続式蒸留機!!

少しわかりずらいのですが模型と同じく4本の蒸留塔がございます。

 

先程の建物の屋上に上がり、横から見た図がこちら

IMG_6221

倒して輪切りにした断面図がこちら。

IMG_6215

向きが変わるとわかりづらいですね。

層に分かれておりまして円柱状の突起物が一つ、一つ蒸留機の役割をしております。

 

また最初の建物屋上ですが

IMG_6223

3つくらい見えるクリーム色した半円形のものの中身は全て原料のトウモロコシ

向こうは海で船を横着けして原料をこの中に運び込み

左に見える階段のある白い建物に繫がっておりそこでトウモロコシを粉砕します。

IMG_6222

パイプで流し大麦を合わせ糖化しグレーの丸いタンクに入れもろみを作ります。

そこから先ほどの蒸留機に流し蒸留という工程だそうです。

蒸留はタイプの違う蒸留塔を使い分け、4タイプだったかと思いますが蒸溜されます。

それをバーボン樽とワイン樽に寝かせ熟成されたものをブレンドしてこの「知多」が作られるそうです。

IMG_6224

連続式蒸留機のシステムも理解でき勉強になる蒸溜所見学でした。

そしてこの3日後にはキリン御殿場蒸溜所へ…。

すでに佐藤が書いており前後してしまいましたが

一週間で蒸溜所を2カ所も訪問できた良き一週間でした。

 

麒麟富士御殿場蒸留所ツアー

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

 

先々週の日曜日に、第3弾クライス蒸留所ツアーがありました。

 

第1弾の山崎蒸留所、第2弾の余市蒸留所に続き第3弾は富士御殿場蒸留所です。

参加人数は25人程で、バスをかりて伏見から出発しました。

バスにはバスガイドさんもいて、盛り上げていただきとても楽しかったです。

僕はクライス蒸留所ツアーは初めて参加させていただき、わからないこともたくさんありましたが、お客様のサポートのおかげで本当に助かりました。

ありがとうございました。

 

蒸留所見学の方も、去年作られた大迫力シアターも見せていただき、ウィスキー作りへの想いがとても感じることができました。

単式蒸留器や連続式蒸留器、樽貯蔵庫も見せていただきました。

securedownload1

一番びっくりしたのはやはりこの樽貯蔵庫でした。

securedownload

なんと高さは18段!

5万樽の樽たちがここで眠っています。

従業員の皆様はこの樽を毎日、味見をし味を調節しながらボトリングしていきます。

貯蔵庫に入った瞬間のあの樽の香りとモルトの香りは圧巻でした。

 

作り手の方たちの情熱やウィスキーへの想いは素晴らしいなと感じ、とても勉強になりました。

僕たちはお客様に提供する側の人間ですが、もっともっと皆様からウィスキーが愛されるよう頑張ろうと、作り手の方たちを見て本気で思いました。

 

皆様の協力でツアーもスムーズに進み、本当にありがとうございました。

第4弾も楽しみです。

9月1日よりの新商品ご案内

本日は中迫が担当させていただきます。

8月も終わり学生さんたちは新学期を迎えられたようです。

9月ともなるとすっかり夏ムードは終わりだいぶ過ごしやすくなってまいりました。

暫くはあいにくの雨模様で清々しい秋晴れは見れないようで残念ですが・・・。

 

そんな9月、新商品が3つ入荷致しました。

以前よりお客様に口頭ではお伝えしていた商品ですが改めてブログでもご紹介させていただきます。

ニッカ 余市・宮城峡

 

 

サントリー 知多 グレーン

 

 

余市・宮城峡は先日年数表記のあるものが全て終売となり当店でも残りは余市の12年と15年がわずか、といったところです。

そんな中年数表記のない、ノンエイジとして余市と宮城峡が新たにリリースされました。

余市、宮城峡共にボトルキャンペーン ¥7,000-

original

サントリーさんからは以前愛知県限定でリリースもありましたがこの度全国発売ということで知多グレーンがリリースです。

知多は10本限定 ボトルキャンペーン ¥5,000

l_12417-1

是非ともお試しくださいませ。

ボトルを眺めながら・・・

今日は8月最後の金曜日。

天気はあいにくの雨模様ですね。

最近では気温も落ち着いて、なんとなく秋が近づいてきたような気がします。

少し寂しく思う舩戸です。

うだるような暑さがあんなに嫌だったのに。

 

さて最近のニュースを見て思う事が。

どうやら何かしらのマークの盗作疑惑があるようですが。

個人的にはよくわからないという事にしておいて。

今回はお酒のデザインについてご紹介したいと思います。

バックバーを見ていて思う事。

多種多様なお酒がずらーっと並んでいるわけですが、よくもまぁこんなにデザインが考えられるものだと。

ラベルデザインを調べてみるとそれぞれ意味があるんです。

 

まずは世界で1番売れている「ジョニーウォーカー」から。

f1db229ed306ed6855c3f580102212bc

シリーズで全世界年間約1400万ケース。

1秒間に約5,4本飲まれるウイスキー。

19世紀後半、ジョニーウォーカー独特の、斜め24度に傾いたラベルが貼られた四角いボトルを採用。斜め24度に傾いたラベルは、遠くからでもジョニーウォーカーと見分けられるための工夫が、四角いボトルは衝撃を防ぎ輸送効率を高めるというアイデア。さらに、複数あるジョニーウォーカーのラインアップを誰もが識別できるよう、ラベルの色を変えている。商業デザイナーのトム・ブローン (Tom Browne) の描いた絵の人は、テールのある赤いコートを着て、シルクハットをかぶり、片眼鏡をつけヘシアン・ブーツを履き、ステッキを持っており、創業者ジョン・ウォーカーに似せて描かれている。

 

続いてシングルモルト売上1位の「グレンフィディック」

glenfiddich_01

年間売上約90万ケース。

グレンフィディックとは鹿の谷というネーミングで、ラベルにも鹿の絵が描かれている。はじめに考えたユニークな三角のボトルのデザインは今も引き継がれているが当時は同業者から笑いの種になっていたという。1960年にブレンド用に出荷していたものをシングル・モルトとして世界へ大々的に出荷した。ここでも同業者に無謀な挑戦として笑い者にされたが、消費者は軽めで飲みやすさ、ボトル・デザインのデザインまでも好評でたちまち受け入れられた。三角ボトルだが、その象徴は、「良いウィスキーは、火と、水と、土でしかつくれない」との創業者・グラントの信念。

 

ジャパニーズ売上1位「角瓶」

613hgwcrEyL__SL1000_

2010年出荷総数約295万ケース

ボトルデザインは日本画家で寿屋のチーフデザイナーだった井上木它(ぼくだ)が薩摩切り子の亀甲紋をモチーフに考案。創業者・鳥井信治郎が「亀は万年。井上はん、ほんまにええ仕事をしてくれましたな。きっとこの瓶は万年も残りまっせ」と歓喜の声を挙げたよう。現在に至るまで、このボトルに「角瓶」と書かれたことは一度もない。正面ラベルにある名前らしきものは、「Suntory  Whisky」のロゴのみ。 戦後の高度成長期、人々は親しみを込めてこのウイスキーを角瓶と呼ぶようになった。ラベルには書かれていなくとも、瓶の形からして角瓶としか呼びようがない。井上の仕事は、優れたデザインが商品に普遍性を与えることを示唆している。

 

と、今日は3本だけのご紹介でしたが、いかがでしたか。

お酒1本1本のデザインにも意味が込められているんですね。

ボトルを眺めながら一杯。

いつものウイスキーがさらに美味しくなるかもしれません。

お盆休みの生活

田原です。

少し前の話題ではございますが

お盆休みは連休をいただきユックリさせていただきました。

お盆は皆様やはり旅行やご実家に行ったりという方が多いかと思います。

 

私も実家に行きまして2日間はノンビリと過ごさせていただきましたが

初日は東山動物園へナイトZOOという夜楽しめる動物園へ出かけました。

夕方から行きましたが来園者数も多いですね!

期間は8月7日~9日、8月13日~16日と短め

そんな中グルリと一回りするのに結構な距離を歩き様々な動物を見ましたが

活発に動いている動物もいて楽しかったです。

IMG_6147

IMG_6164

IMG_6161

IMG_6154

そして翌日からは実家へ行きましたが

運動不足を痛切に感じておりましたので

久々に実家から6年間歩いて通った小学校まで同じ道を歩いてみることに。

天気のいい日中、汗だくになりながら片道3キロ

往復で6キロを続けて歩きましたが約1時間かかりました。

IMG_6182

IMG_6184

IMG_6191

IMG_6185

昔ここでアケビを取ったとかクワガタを取ったとか

桑イチゴを取って食べたとか色々なことを思い出しては歩いてきました。

当然ながらかなり変わってしまった景色もあり

今の小学生はこういう景色のなか通学してるんだと半分思いながら歩きました。

 

当然ですがペットボトルで水を持っていきましたがアッと言う間に空っぽになりますね。

田舎すぎて自販機がなく暫く給水できずの状態で焦りましたが、なんとか倒れることなく帰ってこれてホッと一安心。

急にここまでの距離を歩くと当然ですが暫くのあいだ筋肉痛でしたが

脚に筋力が付きシッカリしたのかシェイクが以前より安定し振りやすくなりました。

これを機に少し運動をしてみようと思います。

甲子園

 

みなさん、こんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

 

夏の醍醐味といえば、バーベキューにビアガーデンに花火。

あと甲子園も忘れてはいけません。

ついに夏の甲子園の優勝校が決まりました。

 

今回の甲子園でも続々と怪物たちが現れたそうです。

 

僕も小学2年生から野球をやっていたので、今回の甲子園の結果などは熱闘甲子園などで拝見していました。

とても10代の体とは思えないほど大きくて技術もすごかったです。

毎日毎日、ストイックな練習を続けているんだなと思いました。

 

改めて、野球選手はすごいなと思いました。

 

僕も10月にカクテルコンクールがあるので、高校球児に負けないくらいストイックに練習をして1番を目指したいとおもいます!

やはり頑張っている人を見ると、自分ももっともっと頑張ろうと思い熱くなりますね。

 

僕もいつか誰かを熱くさせるような仕事をしたいと思いました。

 

 

ビクトリアンバット ジン

本日は中迫が担当させていただきます。

皆様お盆休みはいかがでしたか?

私はいつものごとく飲んだくれ二日酔いに苦しみ気付いたらお休みが終わっておりました。

いつも反省するのですが中々身になっていないようです。

 

さて、本日は新入荷致しましたジンのご紹介をさせていただきます。

 

キングスバリー ビクトリアンバット・ジン シングルカスク

301009401

 

キングスバリー社はスコットランドのアバディーン市を拠点にしているボトラーブランドです。

ジンが流行した19世紀ビクトリア朝当時の保存方法を復活させ、あえて樽で熟成させることによって、ニュートラルなジンが多い中、ひときわ骨太な昔のスタイルのジンを作り出しました。

スコッチウイスキーの空き樽を使用し、熟成の進み具合を注意深く観察しながら、12週間から長くて26週間ほどの熟成をかけます。

使用されているボタニカルは主にヨーロッパ産のもの(ジュニパーベリーはクロアチアかハンガリー産)が使用されますが、原料によっては北アフリカから運ばれてくるものもあります。

当時のオリジナルなジントニックの味わいを感じることができる、まさに温故知新なジンといえるでしょう。

2008年に、ビクトリアンバット・ジンからさらに進化を遂げた世界初の「シングルカスク」が発売されました。

ジンの世界では通常聞かないシングルカスクですが、このジンは樽で熟成されているため、商品化が可能となりました。

ラベル右下にカスクナンバーが表記されております。
また通常のビクトリアンバットがアルコール度数47%であるのに対し、この「シングルカスク」はより高いアルコール度数でボトリングされているため、ビクトリアンバットの特長の一つであるダブル・ジュニパーがより強く感じられます。

こちらのジンは不定期でのリリースの上、本数も少ない為次回入荷は未定でございます。

是非お試しくださいませ。

ニッカウヰスキーセミナー

田原です。

先週末あたりからお盆休みに入られてるお会社様もチラチラと耳にしておりますが

当店は先日書かせていただいた通り13日~15日までお休みをいただき

16日の日曜日より通常営業をさせていただきます。

またブログも連休中はお休みをさせていただきますので

ご迷惑をお掛け致しますが何卒宜しくお願い申し上げます。

 

さてさて、先日ニッカウヰスキーのセミナーに行ってきました。

IMG_6111

すでに注目を浴びております来月1日発売の

余市と宮城峡のノンエイジタイプが今回のセミナー注目株です。

連ドラ「マッサン」はもう放送が終わっておりますが未だにニッカブームと言いますか

ジャパニーズブームが続いておりますからなおさらです。

 

そして余市と宮城峡のノンエイジタイプが時間中の大半を占めると思いきや

セミナーを一通り受けて感じたのは

なんとなく「ザ・ニッカ」に力を入れてらっしゃる雰囲気。

新商品ともなると注目も集中しますし、そうなるとまた商品不足になりかねませんしね。

IMG_6110

また限定品の余市のヘビーピート、宮城峡のシェリーカスクもテイスティングできましたが

ヘビーピートの余韻の長さ、クリーミーさには人気が出そうな雰囲気を感じました。

またこちらも入荷次第フェイスブックページ、又はこちらのブログにてご報告させていただきます。

 

また 来年からは厚岸蒸溜所、静岡蒸溜所と稼働開始します。

商品出荷はそこから早くて3年先になりますが

ますますジャパニーズウイスキーの注目が増えそうですね。

BBQ

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

 

名古屋は暑い日が続きますね。

昨日実家から電話があり話していると、僕の地元、北海道稚内市の気温は20度だそうです。

この真夏の8月に20度なんて考えられません。

ビックリしました。

 

そして30度を軽く超える日が続く名古屋で、先々週の日曜日に同業者の方たちとバーベキューをしてきました。

僕自身、今年初のバーベキューだったのでとても楽しめました。

 

普段の休日は暑さのためなかなか家から出ずにクーラーにあたっていることが多いのですが、こうして炎天下の中お肉をたくさん食べ、ビールを思いっきり飲む。

IMG_6020IMG_6027

たまにはこういうのもリフレッシュになって良いなと思いました。

また来年も是非参加したいです。

 

そしてバーベキューが終わり、二次会へ。

場所はクライスです。

20名で行き、今度はクーラーの効いた所でお酒を飲む。

これもまた良いなと感じました。

 

みなさん、名古屋の夏はまだまだ続きます。

炎天下の中でバーベキューを楽しんでみてはいかがでしょうか。

IMG_6036

 

最新記事

pagetop