BLOG

シングルトン ダフタウン

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当させていただきます。

先日の10日から日曜日営業をさせていただいております。

実に2年以上ぶりの日曜日営業の再開となります。

これで「いつ行ってもやっているお店」と皆様に思っていただければ。

また今まで以上に、足を運んでいただきやすいお店になれれば幸いです。

と言うわけで僕たちスタッフは交代でお休みを頂くこととなり、ブログ担当の関係上、更新が遅れました。

すみません。すっかり忘れておりました。

 

さて、先日クライスでバーテンダー協会の研究会が行われました。

今回はキリン・ディアジオ様より、「シングルトン ダフタウン」のセミナーと「ワールドクラス2019」の説明会です。

ダフタウンはスペイサイド地区中心部で1896年に設立された蒸溜所。

非常にゆっくりとした蒸溜工程と、ヨーロピアンオーク(シェリー樽)・アメリカンオーク(バーボン樽)両方で熟成されたウイスキーから造られているため、非常になめらかで親しみやすいシングルモルトに仕上がっています。

もともと「シングルトン」は日本向けには酒質のライトな「グレンオード」がリリースされていましたが、数年前からヨーロッパ向けの「ダフタウン」に変更されています。

さらに味わい深い「シングルトン」になったわけです。

とは言っても、ライトで少し甘みのあるモルトです。

ヨーロッパでも昔ながらのストレート、ロックでは無く、若者にも飲みやすいように「ソーダ割りで」というのが「シングルトン ダフタウン」の宣伝の仕方だそうで。

たしかにストレートも勿論美味しいのですが、ハイボールにもよく合います。

もともと原酒の99%がブレンド用として出荷されていおり、オフィシャル物としてはUDシリーズの15年物がわずかに入手できるだけのマニアックな蒸留所だったのですが、飲んでみると美味しいですね。

ワールドクラスの説明でもお話しいただいたのですが、世界的にもアルコールはライト傾向にあるようです。

日本で流行っている「ハイボール」を本場ヨーロッパに広めようという動きがメーカーさんの中でもあり、ひょっとしたらハイボールブームが日本から世界に広がるかもしれません。

またさらにウイスキーが無くなってしまうのか。

それはそうと新しいシングルトン、お試しになってはいかがでしょうか。

いよいよといろいろ

田原です。

川上君がブログを書くようになり

ローテーションがかなり緩やかになった感じです。

その分ネタも増えて今回は色々と書かせていただきます。

 

 

お題のいよいよですが

明後日の10日より日曜営業を再開させていただきます。

実に3年振りの再開でして

その頃は御園座さんが建設前か建設中だったはずです。

そして日曜営業をやめてしまってから足が遠のいてしまわれたお客様が

またお越しいただけると嬉しいです。

そして先日の中日本大会ですが

それぞれの報告もあるとは思いますので端折って書かせていただきますが

舩戸選手、佐藤選手共に優勝しましてw優勝は当店初です。

嬉しい限りです!!

応援いただきました皆様方には深く感謝申し上げます。

 

私は舩戸選手の大会を審査させていただきましたが

ミスも目についてしまい正直心配でした。

当然審査なので厳しい目でみないといけません。

大会後はそれぞれの審査員がどういう点を付けたかを

プリントアウトして配られますので

見逃したとかいう事になると点数も他の審査員と大きく異なる原因となりますから

気が抜けないのも審査してて大変な点です。

ですが無事に終わり安心しました。

 

次は全国大会、6月は佐藤選手が東京で

10月に舩戸選手が徳島で開催されます。

それぞれ日曜お休みをいただくことになると思いますが

Facebookページやこちらのブログなどでも早めに報告させていただきます。

そして今回の中日本大会3日後、2月6日は舩戸さんの誕生日でした!!

皆様からお祝いしていただき深く感謝申し上げます。

 

ここからは佐藤選手の全国大会へ向けて、できる限りのサポートをしたいと思います。

また応援のほど宜しくお願い申し上げます。

カクテルコンクールのお手伝い

こんばんは。

本日は川上が担当です。

2月3日のバーテンダー技能競技大会 中日本大会にスタッフとして働きました。

僕は、選手のボトルをテーブルの上に配置する仕事していました。

選手はカクテルに使うボトルを配置する場所に指定されているので、緊張しました。

僕は、選手がカクテルのデコレーションしている姿を見て勉強になりました。

カクテルのデコレーションは選手によって、個性を感じました。

選手がカクテルを調合する動作は、規則正しいと思いました。

競技中の時間も決まっています。

僕は、競技中の時間が短い選手の点数が高いと思っていました。

しかし、僕の考え方は間違っていました。

時間内に美しい所作で正確な仕事などが重要だと知りました。

来年のエリートバーテンダー・カクテル・コンペティションに出場できるように努力します。

 

ウィスキーラバーズ名古屋

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

1月20日の日曜日に今年で第3回目のウィスキーラバーズ名古屋が開催されました。

僕たちは毎年日本バーテンダー協会名古屋支部でウィスキーカクテルを作っています。

1回目と2回目はすごい人で大忙しでした。

ですが今回僕たちのブースはいつもの半分くらいの大きさだったので、そこまで忙しくはならないだろうと予想しておりましたが。

いざ会場オープンしてみると大忙しでした。

会場にお越しいただいているお客様も顔なじみの方が多く、たくさんカクテルを飲んでいただけたので良かったです。

昼を過ぎるともう歩けないくらいの人の多さでした。来年はもっと大きい会場でやるかもしれません。

僕が作ったカクテルはグレンモーレンジィとアードベッグとタリスカーをベースに使い、フルーティー系、デザート系、スッキリ炭酸系と3種類のカクテルを作りました。

今回からは1杯500円と有料だったので少し不安はありましたがみなさんに喜んでいただけてよかったです。

来年も喜んでもらえるようなカクテルを作れるように頑張ります。

今回ブースで働いていただいた方たちは全員バーテンダーなのでほぼ寝ずに朝から働いている方や仕事が終わってそのまま会場入りした方もいらっしゃいました。

そういう方たちのおかげで無事終えることができました。

かなり疲れたとは思いますが、こうやってみんなで協力しあってカクテルを作るのも楽しいなと感じました。

ありがとうございました。

バーテンダー技能競技大会 中日本大会

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

一月ももう終わりますね。

毎年言ってる気がしますけど、早いですねぇ。

このまま、またすぐに歳を取ってしまうんですね。

はい。四捨五入で40歳になります。

最近話題の嵐と同世代だったんですね。

大坂なおみ選手とは一回り以上、関脇玉鷲とは同い年。

僕も頑張らねば。

 

さて、私事ではありますが次の日曜日2月3日、四日市プラトンホテルにて中日本の予選会があります。

今年ももうそんな時期なんですね。

これに勝つと次は徳島の全国大会へ。

頑張ってきます!!

アードベッグ・オフライン会

田原です。

 

先日抜歯をしまして

2日間ほどお酒を抜く予定でございましたが

当日のみになってしまいましたので

腫れたりするのではとビクビクしておりましたが

なんとか問題なくクリアしました(笑)

 

 

さておき先日20日のウイスキーラバーズ名古屋という年に一度のウイスキーイベントが開催される前日に

アードベッグ・オフライン会が行われました。

Facebookのアードベッグオフィシャルページから応募いただき

当選された方のみ参加できるイベントでしたが

当選された方には会場をお知らせという仕組みで

実は当店が会場で開催していただきました。

嬉しい限りでございます。

 

ご参加いただきました方々は名古屋は勿論

大阪など名古屋以外のエリアの方もお越しいただきスタートしました。

 

講師はボブさんで当店で以前開催させていただいた

グレンモーレンジィのセミナーも講師をしていただき

またどちらの蒸溜所でも働かれた経験のある貴重で知識の豊富な方です。

場所はテーブル席を使っていただき壁に映像を写し出しながら

ちょっとマニアックな内容もあり、聞いてて流石という内容でございました。

営業をしながらでしたので私はカウンター席側へ行ったり来たりとしておりましたので

全ては聞けませんでしたが途中内容だけでもかなり面白い内容でした。

 

テイスティングいただいた内容もかなり貴重なウイスキーもあり

羨ましい限りで、しかもお土産付き!!

ご参加いただいた方々も大変喜んでいらっしゃったので

私が企画した訳でもないのに、こちらが嬉しくなりました。

 

この後は通常営業に戻しましたが

翌日の「ウイスキーラバーズ名古屋に参加しますので前日入りしました!」という方が多かったイメージです。

昨年より会場も大きくなって開催されたウイスキーラバーズ名古屋

年々盛り上がっているようで来年がまた楽しみです。

ですが私は毎年新年会が重なりいつも参加できないんですよ。

来年は開催日が重ならないのを祈ります。

初めまして

 

こんばんは。

初めまして、川上 アート ジェイソンです。

お店でお会いしたお客様もいらっしゃると思いますが

今回からプログを書かせて頂く事になりました。

 

外見はフィリピン人ですが、タガログ語と英語は堪能ではありません。

僕は小学校の2年生頃まで、フィリピンで勉強しておりました。

日本語はとても難しい言語です。日本語には、平仮名と片仮名と漢字と尊敬語と丁寧語と謙譲語がございます。

僕は日本語を習得するために、学校の教科書を復習しております。

 

2018年11月11日のバーテンダー呼称技能認定試験に合格いたました。

現在の勉強は、サービス業の本を読書しております。

次の目標は、エリート・バーテンダー・カクテル・コンペティションに出場する事です。

バーテンダーになるためには、日々の勉強が大切です。 

お客様に満足を頂けるバーテンダーになれように努力を致します。

 

また今後ともご指導、ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

フライトオブドリーム

 

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

去年の年末にセントレア空港にあるフライトオブドリームに行ってきました。

フライトオブドリームは去年の10月にオープンした施設で中に入るとボーイング787という飛行機があり凄い迫力でした。

僕は飛行機が好きという訳ではないのですが、そこにはシアトルの街並みを再現したシアトルテラスという所がありそこで飲食をしながら飛行機を見られると聞いて興味がわきました。

僕が人生のうちでやりたいことの1つが、アメリカに行って生のメジャーリーグの試合を見ることです。

シアトルといえばイチロー選手を筆頭に日本人選手がたくさん活躍したシアトルマリナーズの本拠地です。

セントレアにシアトルテラスがあると聞いて、これは絶対に行かなければ!と思いました。

レストランもありそこでは大きいテレビでマリナーズの試合が放送されています。

フィッシュ&チップスを片手にビールを飲みながらメジャーリーグの試合を見る。僕にとっては最高の時間でした。

シアトルの街並みも堪能できました。

飛行機好きの方、野球好きの方は是非1度行ってみると楽しめると思います。

 

年に一度のウイスキーイベント

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当させていただきます。

早いもので1月ももう半分が過ぎてしまいました。

当店の川上君も成人式を迎え、これで立派な大人へと成長するはず。

皆様、乞うご期待ください。

 

さて、今日はイベントのお知らせです。

1月20日(日)、今回で第三回目を迎えます「ウイスキーラバーズ名古屋2019」が開催されます。

ウイスキーラバーのための ウイスキーラバーがつくる ウイスキーラバーの祭典。

今回僕たちはバーテンダー協会のブースとしてカクテルを提供させていただくこととなりました。

時間毎に各メーカー様のウイスキーをベースに全11種類のカクテルをそれぞれのバーテンダーが考案したカクテルを作ることとなっています。

また、バーテンダー協会ブース以外にもメーカー様、酒販店様、BAR、コレクターの方々など、ウィスキー関連のブースが100以上出展するこのイベント。

国内外の1000種類以上のウイスキーを試飲できます。

初心者の方が楽しんでいただけるのはもちろん、マニアやコレクターも唸る「レア&オールド」で「プレミアム」なウイスキーが多数並ぶそうで。

 

是非皆様足を運んでいただけますよう、宜しくお願い致します。

6周年イベント

田原です。

今週からお仕事始めの方も多いようで

先週4日から営業をさせていただいておりますが

今週に入りお客様もスーツ姿の方が多くなりました。

私の連休はと言いますと

年越しを実家で過ごし

あとはのんびりとさせていただきました。

1月1日に撮影した桜ですが

2本並んで咲いていたので冬の割には綺麗に咲いておりました。

 

特に連休はリズムが変わるので

運動を心がけバランスをとって仕事始めに違和感なくスタートできるよう過ごした効果か

連休がなかったかのように動けていいスタートがきれました。

 

 

先日舩戸が少しふれておりましたが

6周年記念イベントを開催しております。

12日までのキャンペーンですので

12日に終了させていただくものもございます。

 

一部延長させていただくアイテムもございますが

リアル周年(12月24日)からスタートしているものです。

こちらはなくなり次第終了させていただきますのでご了承ください。

 

どれがどれ?みたいになるかと思いますので

ご紹介も

ジョニーウォーカー18年が1本1万円でのご案内で12日まででございます。

なくなり次第終了させていただくものは

モエシャンドン・ゴールドフェアリーを1本9千円とジョニーウォーカーブルーが1本2万1千円という2種類はなくなり次第終了させていただきます。

イベント終了間際で申し訳ございません。

 

 

有り難いことに7年目の営業をさせていただけます。

1歩1歩頑張って少しでも多くのお客様の喜びがいただけるよう

営業してまいりますのでまた今後とも何卒宜しくお願い申し上げます。

最新記事

pagetop