BLOG

スコッチと密造者

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

朝晩と急に涼しくなりました。

ジャケットを着ないと寒いくらいで。

ちまたではインフルエンザがもう流行っているそうです。

例年に比べ2ヶ月も早いんだとか。

どうやらラグビーW杯の影響もあるのでは。なんて言われていたり。

確かに季節が反対の南半球からも多くのファンが来日してますので、その影響は否定できないかと。

インフルエンザもそうですが、季節の変わり目。

風邪などにも充分に気をつけたいと思います。

 

さて、ラグビーW杯と言えば日本×スコットランドが盛り上がりましたね。

僕はと言いますとラーメン屋で右手にビール、左手にスマホ状態で試合終了のカウントしておりました。

店員の人たちも麺の湯切りをしながら「勝った?」なんて盛り上がっていたり。

8強はどうやらもの凄いことのようです。

バーで働いていますとスコットランド=スコッチのイメージが強いですがファンの方はラグビーを思い浮かべるのでしょうか。

なかなかに気性の荒いプレーが見受けられましたが。

これぞヴァイキングの血か!なんて一人思っておりました。

スコッチの歴史の勉強をしていますと必ず出てくるのが1707年のスコットランドとイングランド併合です。

そのためスコットランドの地酒であったスコッチにイングランド政府が大幅に課税を強化。

生産者の多くはこれに反発、密造をし、ウイスキーを隠すために樽に入れ、それが今日にみられる樽熟成ウイスキーの始まりとなったというもの。

1823年の酒税法改正まで100年もの間ウイスキー生産者は政府と陰ながら戦っていたんですね。

結局その時のイギリス国王ジョージ4世がその当時密造酒であったグレンリベットを愛飲していたから周りの側近が慌てて酒税を下げた、なんてまるで一本の映画が作れそうなお話だと思うのですが。

密造業者たちの勝利です。

粘り強さと諦めない心意気。家に帰って試合の再放送を見ながらそんな事を思っていました。

 

次は南アフリカ戦。

頑張っていただきたいものです。

これからのキャンペーン等

田原です。

夏から秋にすっかり様変わりといった感じでしょうか?

日中の暑さもありますが

夜は涼しくなり、過ごしやすい感じです。

このタイミングで風邪などひかないよう

お気をつけくださいませ。

 

今回はネタが少ないので

キャンペーン予告などをさせていただきます。

来週からシャンパンのキャンペーンが久々に変わります。

銘柄はランソンなのですが

ブリュット以外のものもキャンペーンをさせていただきます。

そして

ウッドフォードリザーブのキャンペーンも始まります。

 

カクテルでは

寒い時期限定のアイリッシュコーヒーがスタートしました!!

夏でもリクエストがありますが、豆の状態を考慮しますと難しく

スタートのタイミングをいつも冷え込んでからにしておりましたが

お声が多く例年よりも早めに開始させていただきました。

 

フルーツカクテルはここからはザクロやイチゴが出てきます。

少しフルーツは種類が少なくなり寂しくなりますが

この時期の楽しみでもあるものもございますので

ぜひ、これからの季節の旬なものをお楽しみいただけたらと思います。

ゴーストクラブ

皆さんこんにちは。

本日は川上が担当させて頂きます。

ゴーストクラブのセミナーでジョニウォーカーについて勉強を致しました。

 

 

ブレンデットウイスキーであるジョニウォーカーが第3弾として

閉鎖蒸留所のウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドした

ウイスキーの歴史や苦難を教えてもらいました。

ジョニーウォーカーのアンバサダーに教えて貰ったパーフェクトサーブという

飲み方をしながらブレンデットウイスキーを勉強を致しました。

パーフェクトサーブは口の中を氷水で冷やしながら、ウイスキーをストレート

ういう飲み方でございます。

ジョニーウォーカーの第3弾の閉鎖蒸留を予想しながら、発売日を待つのも幸せです。

スコットランド後編

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

3回に分けて書かせていただいたスコットランドツアーも今日で終わりです。

今日は最終日の出来事を書こうと思います。

最終日の3日目は午前中はロイヤルロッホナガー蒸留所へ行き、ここでも貴重な原酒を飲ませていただきました。

ロイヤルロッホナガーの貯蔵庫にはディアジオ社が所有している蒸留所の原酒も置いてあり、その中から1つだけ樽から原酒を抜き出して飲ませてあげると言われたので超熟のシェリー樽のモートラックを飲ませていただきました。

 

 

あまりの美味しさに衝撃でした。超熟ですが渋すぎなくしっかりモートラックらしさもありバランスがとても良かったです。

今回の旅ではシェリー樽原酒を飲む機会が多かったのですが、どこの蒸留所の方もシェリー樽熟成は難しいと言っておりました。

そして最後に蒸留所の方が、そういえば今近くにエリザベス女王が来てるよ!と言いみんなでビックリしてひと目見てみたいねーなんて話にもなりました。

ここの自然の風景を気に入ってるみたいでたまに来るそうです。

帰りの飛行機の時間もあるので見学はここまでにし車で空港に向かい、途中お昼ご飯でフィッシュ&チップスを買って公園でみんなで食べました。

 

運転手さんが買ってきてくれたのですが、ここら辺で1番美味しいと話題のフィッシュ&チップス屋さんらしいです。たしかに衣にもしっかり味が付いておりそのままなにもつけずに食べても美味しかったです。

そして空港へいき、日本に帰ってきました。

 

3泊5日と弾丸だったのですが色々な体験や勉強ができ本当に充実した時間を過ごさせていただきました。

一緒に行ったメンバーの先輩方にもたくさん可愛がってもらいとてもたのしく過ごせました。たくさんの方達に感謝です!

勉強してきたことを活かしばりばり仕事を頑張りたいと思います!

長々と失礼いたしました。

Pay

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

今日から10月ですね。

でも昼間はまだまだ暑い。

もうそろそろ涼しくなっても良い頃だと思うのですが、なかなかそういったことも無く、サンマなんかもまだまだ高いまま。

そろそろサンマの塩焼きが食べたい。

そして今日から消費税増税がスタートしたわけですが、ニュースでは色々なところでトラブルがおきているそうです。

当店も消費税分値段が変わりますが、どうも普段目にしている数字と違うため電卓を叩き間違えないか少し不安ではあります。

ちまたではキャッシュレス化が薦められ、僕個人としても○○ペイのような支払い方法もよく使うようになってきてはいるのですが。

一体、何を使えばお得なのか。

沢山あってよくわかりません。

これから数年後には何かが残って何かが消えていくのでしょうか。

またさらに違った支払い方法も出来てくるかもしれませんね。

 

さてバーの世界でpayといえば・・・

カルヴァドス ペイ・ドージュ(Pays d’Auge)・・・

(無理矢理です)

カルヴァドスとはリンゴ原料のブランデーです。

一部洋梨のブレンドもされています。

カルヴァドスはノルマンディー地方で3つの生産地域に分けられており、それぞれ

「カルヴァドス」

「カルヴァドス ドンフロンテ」

「カルヴァドス ペイ・ドージュ」

と呼び名が違います。

その中でもカルヴァドス ペイ・ドージュは単式蒸留器で2回蒸留、洋梨の混合比率は30%以下、最低2年間のオーク樽熟成などと決められていて、ペイ・ドージュのカルヴァドスが他の生産地区と比べ高値で取引されることが多いそうです。

当店には、ブラーやクールドリオンがございます。

お試しになってはいかがでしょうか。

モーレンジィハウスイベント

田原です。

間もなく8%だった消費税が10%に変更されます。

それに伴い当店も10%へ変更すべくメニューを全て変更するのですが

一部年内据え置きがございます。

オープンから19時までの時間帯ボトルキャンペーンと

日曜限定オールタイムボトルキャンペーンです。

こちらは年内お値段据え置き5千円で営業させていただきます!!

 

 

もう夕日が沈むのも早くなり秋を感じる季節になってきました。

10月14日(祝)は出張で六本木ヒルズへカクテルを作りに行ってきます。

なのでこの日は申し訳ございませんが、私はお休みをいただきます。

 

イベント名はGLENMORANGIE HOUSE ー心華やぐウイスキーとのひとときー

でモーレンジィを楽しみながらジャズライブも楽しんでいただき

カクテルタイムではオリジナルカクテルをご提供させていただきます。

 

そして先日このイベント用の写真撮影をしていただきました。

カクテルのみの撮影風景です。

本人も撮っていただきましたが

撮られているときの写真はありません(笑)

照れくさいのでぎこちない笑顔です。

 

イベント自体は9日と10日は16時~22時

11日から14日までは14時~22時までの開催時間でございます。

バーテンダーは日替わりでそれぞれのオリジナルカクテルをご提供されます。

カクテルタイムは全日19時からですので

もしお近くへの機会がございましたら

ぜひお立ち寄りいただけたらと思います。

ピエロ

皆さん、こんにちは。

本日は、川上が担当させて頂きます。

休みの日に美術館に行きました。

 

ピエロはお客様を笑顔にさせる者でありながら

このピエロは一切笑顔を見せずに

何かを考えているように座り込んでいます。

ピエロの起源は王国の道化師から

サーカスのピエロが生まれました。

コメディアンであるチャールズ・チャップリンが

言った悲劇と喜劇は紙一重であると意味を理解することが

出来たような気がします。

ピエロの固定概念を覆される同時に

王国の道化師を感じられる作品でした。

スコットランド中編

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

前回の続きで中編を書きたいと思います。

2日目は午前中はクラガンモア蒸溜所へ行きました。

 

まずはひと通り見学させてもらい、印象に残ったのはワームタブという古いタイプの冷却装置を見れたことです。

この冷却装置はスコットランドで16の蒸溜所でしか使っていなく、値段も高く効率は悪いのですが独特の風味を生み出す事が出来るのが特徴です。

 

蒸留後にこのワームタブで75度から15度まで温度を下げるそうです。

見学が終わると今度はテイスティングルームに案内してもらい4種類くらいのウィスキーを飲ませてもらいました。

1番最初にスタンダードのクラガンモア12年を飲んだのですが、改めてストレートで味わうと美味しいなー!と感じました。その場の雰囲気もあると思いますが。

その他にもクラガンモア150周年記念ボトルや蒸溜所限定の物も飲ませていただきました。

そしてみんなでショップに行き買い物をしてクラガンモア蒸溜所を後にしました。

午後からはクレー射撃体験です。

レンジローバーで何もない草原みたいな所にいき、でっかいショットガンを打ちまくりました。

 

なかなか当たらなく色々教えてもらいながらやっていましたが。ショットガンがかなり重たいのと肩への衝撃がすごくて青あざができました。

ですが当たるととても楽しくて、日本ではなかなかできない体験ができて良かったです。

夜はみんなで楽しく食事をし、2日目が終わりました。

最終日はまた次回書かせていただきます。

100日

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

まだまだ暑い日もありますが、夜は少しづつ寒くなってきました。

秋分の日もあり、週末から3連休という方も多いのではないでしょうか。

ただし、台風の影響もあり天気は生憎と雨の予報ですね。

今回の17号は大型で広い範囲が強風になるそうです。

お出かけのご予定のある方はご注意ください。

クライスは休まず営業致します。

ちなみに今日9月17日は年末まで105日、3連休の日曜日9月22日になると年末までちょうど100日となるそうです。

もう年末まで残りわずかなんですね。

一日一日を大切に。

日一日と秋が深まっていく今日この頃です。

モーレンジィ&アードベッグセミナー

田原です。

まだ暑い日もございますが

少し秋めいてまいりました。

そろそろオリジナルカクテルを秋にしないとと思っております。

 

お題ですが

先日グレンモーレンジィのフィニッシュシリーズが一部変更になることと

新しくアードベッグの19年(トリー・バン)がリリースされることで

お披露目セミナーが行われました。

アードベッグは過去に17年がラインナップにありましたが

終売になってしまい

その後アードベッグセミナーが行われると

17年は復活しないのかという質問をよく耳にしました。

 

今回ビルラムズデン博士(蒸留製造最高責任者)がセミナー中に

その理由を説明されて19年のリリースセミナーをいただきましたが

大変勉強になると共に

今回の19年は毎年(年に一回)リリースされるそうですが

リリース毎にスペックが変わるとの事で

毎年コレクションしておいて何年後までリリースされるかわかりませんが

全て飲み比べして楽しむのも面白いかと思います。

そしてグレンモーレンジィは年数が変わったりデザインの変更がなされ

当然味も変わるので

テイスティングをしましたが

またフィニッシュシリーズをラインナップに加えるのも面白いかな?と感じました。

 

そして夜、ご多忙の中

ビル博士やボブさんご一行にご来店いただき

ごゆっくりされている中

決めかねておりました来月お披露目させていただきます

グレンモーレンジィのカクテルを2種類テイスティングしていただき

1本に決めることができました!!

これでホッと一安心です。

ご来店いただき、深く感謝申し上げます。

最新記事

pagetop