BLOG

キルホーマン マキーヤベイ

田原です。

一気に夏という感じですね。

 

今朝ふと目が覚めた瞬間に

出さないといけない書類の期限が気になってしまい

寝れない状態でした。

期限を過ぎると大変な事に…。

お店に入り書類の期限を見ると今日!!

持ってると思いました(笑)

無事提出完了!!

どこか頭の隅にでも記憶をしていたかのような不思議な感じでした。

 

 

さてお題のキルホーマンですが今回なんと1杯ご注文につき

入浴剤を1つプレゼントキャンペーンでございます。

キルホーマン蒸留所のあるアイラ島では

ピートが溶け出すことで茶色く色づいた水が川を流れており

その川の水を一部生活用水として利用されているそうです。

それをバスタブに張ると茶色いピート風呂ができるという訳です。

もう察しがついたかと思いますが

そうです、この入浴剤ピート風呂を再現しようと作られた入浴剤で

こちらを使うと茶色いお風呂が完成します。

ただ本物のピートは使われておらず

香料メーカーさんがキルホーマンを分析し

アロマエッセンスを加えて

よりリアルなキルホーマン風呂をお楽しみいただけるよう開発されたものです。

スモーキーなウイスキーがお好きな方

またご興味ある方、ぜひ!!

※数に限りがございます、無くなり次第キャンペーンは終了させていただきますことご了承ください。

BarShow

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

13日の日曜日に東京ドームの隣の東京ドームシティプリズムホールで行われた東京インターナショナルバーショーに参加してきました。

毎年参加してますがいつもより各ブースが豪華なところが多かったような気がしました。

11時開場で11時半から試飲できるのでさっそく色々と試飲させていただきました。

そして13時からジャパニーズジン季の美のセミナーに参加させていただきました。

20分という短い時間ですが内容の濃いとても勉強になるセミナーでした。

ゲストバーテンダーで京都でバーを経営されているフランス人の方が季の美のカクテルを作っていただき飲ませてもらいました。

ジンが活かされててとてもおいしかったです。

与那国島の黒糖をつまみながら飲むネグローニはとても素晴らしかったです。

今年のバーショーも勉強になり貴重な経験ができました。

この経験を活かして日々の営業につなげたいと思います。

 

フルーツカクテル

皆さま、こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

ゴールデンウィークも終わり初夏の陽気かと思ったら一変、急に寒くなりましたね。

仕事終わりに帰宅するときは薄手のコートが欲しいくらいで。

これからしばらく休日も予定が入ってますので、風邪など引かないように気をつけなければいけませんね。

 

ただそうは言っても、季節は夏に向かっているようです。

スーパーなどに買い出しに行って参りますと、フルーツも変わってきていますね。

イチゴがそろそろ終わりかけですが、愛知県産のイチジクや夏の代名詞とも言えるスイカが入ってきました。

そろそろ桃が出てくる時期でもありますし、これからの季節はフルーツカクテルがおいしくなること間違い無しです。

みなさま、本日もお待ちしております。

連休明け

田原です。

4日間の連休をいただき

のんびり過ごす予定でありましたが

なんだかんだ言って半分はお店に行って名古屋支部総会の資料を作ったり

最終日は有り難いことに出張バーテンダーのお仕事をいただき

カクテルの制作に伺いました。

正味一時間くらいではありましたが

材料を運んだりなんだかんだ運動不足もあり

次の日の仕事は筋肉痛で痛みもありましたが

結構シェイクしやすくなり、もっと運動しないといけないと痛感しました。

 

出張後に大先輩のお店が近くでしたので

寄らせていただきましたが

もうかれこれ20年近くぶりではないでしょうか?

懐かしい話や今どのような感じでされているのかお話を伺っていると自分はまだまだですね。

色々と勉強させていただきました。

帰る頃には雨が降っており傘までお借りしてしまい

何から何までお世話になりっぱなしで

もっと早く伺うべきだったと痛感しました。

 

暖かい時間をありがとうございました。

島梟

 

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

国産ブランデー島梟が入荷しました。

北海道十勝のブランデーです。

クライスでは2種類仕入れさせていただきました。

1本目はブランデーとしてはあまりない冷却濾過を行わずに単一の樽原酒を瓶詰めしたノンチルフィルタードシングルバレルです。

樽だし原酒が持つピュアでマイルドな味わいが楽しめるかと思います。

2本目は100パーセント北海道産ブドウを原料に30年以上という長期熟成原酒のみを使用した北海道熟成30年です。

熟成感はもちろん、十勝の自然が作り上げた芸術品、日本のブランデー評価を変える可能性を秘めているブランデーと言われているそうです。

国産ウィスキーはいまだに大人気ですが国産ブランデーも楽しんでみてはいかがでしょうか。

御園座

皆さまこんにちは。

本日は舩戸が担当です。

暑い日が続くと思ったら、生憎の雨模様ですね。

どうらや今週は雨や曇りが続き、パッとしなさそうです。

もうすぐゴールデンウィークですが、ご予定は立てられていますか?

当店クライスは30日祝日は営業、3日から6日までお休みをいただきます。

どこに出かけようかと考えている今日この頃です。

 

さて、私事ですが先日、前々から楽しみにしておりました歌舞伎を観て参りました。

綺麗になった御園座もなかなかに素敵です。

調べてみますと独特の朱色の内装を「御園座レッド」というらしいですね。

戦隊物の名前のようですがなかなか格好いい。

確かに入り口からエントランス、階段、エレベーターまで真っ赤です。

新しい劇場で歌舞伎を観られるのは気持ちの良い物ですね。

ただ、僕は好きだと言っても難しいことは分かりません。

イヤホンガイドを聞きながらがまた面白いんです。

皆さまもたまには伝統芸能なんていかがですが?

きっと楽しめると思いますよ。

関東大会

田原です。

ゴールデンウィークも近付き

すでにお休みの予定を計画されてる方もいらっしゃるのではと思います。

私は例年通り+アルファでイベントのご依頼を1件いただきました。

のんびりする日も必要ですが

ちょうどいい感じの連休が過ごせそうです。

 

15日(日曜)に関東大会がありましたので

舩戸と二人で観戦に行ってきました。

全国大会での上位は、ほぼ関東が占めてしまうくらい

関東の選手は強いので観ておくとレベルがわかり

同じ選手として戦う舩戸としてもモチベーション維持や

自分との差がわかるのでどのくらい自分が今後頑張らないといけないかも感じられたかと思います。

 

課題部門からスタートしたのですが

微妙な過不足はあれど大きく分量ミスする選手はほぼ居なく

これくらい決めてくれると観てて楽しくなってきます。

 

続いて創作部門に移りましたが

個人のオリジナルですので観たい部分はシェイキングや

デコレーション、味が気になっておりました。

 

途中メーカーブースに移動し

ご挨拶回りをさせていただきましたが

濃厚なメーカーさんが数社あり

手厚い歓迎をいただき深く感謝申し上げます(笑)

 

表彰式では選手のカクテルが全て飲める状態でしたので

気になる選手のカクテルをいただきました。

私が想像するより軽めでスムーズな作品が多く

勿論ネーミングとの兼ね合いもありますが

ベースもしっかり感じられる味わいで

傾向が少し見えた気がします。

そして表彰式も終わったので

のんびりもしたかったのですが

録画しておいたF1中国GPが観たく

全てインターネットのニュースも遮断して

全く情報を入れず新幹線で帰っている途中に

まさかのテロップ事件!!

普段新幹線のテロップに流れるはずのないF1の結果が…

ビール片手に固まってしまいました。

 

油断大敵ですね。

コンクールも油断せず二人には頑張ってもらいたいと思います。

4月研究会

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

NBA名古屋支部4月の研究会はスワリング、エアレーションについて行いました。

スワリングやエアレーションは、カクテルやウイスキーやワインなどの液体を大きいワイングラスやデキャンタなどで空気をたくさん含ませる技法です。

今回はスコッチウィスキーとジンで味の違いを検証しました。

普通にボトルから注いだ物、デキャンタを使用した物、グラスでエアレーションした物、氷なしで液体をドライシェークした物の4つで味の違いを検証しました。

見事にそれぞれ味が違う物ばかりでしたが、やはりみなさん好みが分かれてデキャンタした物が好きな人もいれば普通に注いだ物の方がおいしいという方もいました。

次はカクテルで、ブラッディーメアリーで挑戦しました。トマトジュースを使ったカクテルです。

これはシェークとエアレーションで試しました。

個人的にはエアレーションの方が柔らかくなって好きでした。

このようにカクテルは技法で味が大幅に変化します。

クライスでも、例えばギムレットをステアで作って!というご要望にも対応できます。

このカクテルはいつもステアだけどシェークで作ってみてー!などでも。

いろいろな技法でいつもと少し違ったカクテルを楽しんでみるのも良いかもしれません。

 

カロニー1997

皆さま、こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

4月ももう半ばです。

桜はもう散りましたが、御園座のお客様でしょうか着物の女性が多く見られ、華やかな気持ちになります。

新生活という方も多いと思います。

当店にもアルバイト君たちが3人も増えました。

まだまだ彼等は緊張しておりますが、みんな頑張ってもらえると期待しております。

どうぞ可愛がってあげてください。

 

さて、本日は新商品のご案内です。

銀座、福岡、京都の有名バー3店舗の方々が選ばれたラムの樽、プライベートボトリングです。

トリニダード・トバコ、カロニー蒸留所の原酒。

ロイヤルネイビー(英国海軍)から高い評価を受け続けながら、2003年には、閉鎖蒸留所となってしまいました。

近年のニューリリースも減りゆくなかで、新たなボトリングの機会は極めて限られているところでもあります。

ラベルには味わいの魅力となる艶っぽさと力強さがリンクした
オリジナルデザインを採用。

カロニー蒸留所が所在したトリニダード・トバコの国鳥である
ショウジョウトキ (猩猩朱鷺)をコンセプトに、カロニー湿原で群れをなす真っ赤な朱鷺がアレンジされています。

お試しになってはいかがでしょうか。

ウイスキー

田原です。

この時期になりましてイベントのオファーをいただいたり

色々と立て続けにありがたいお話が多いです。

以前もありましたがそういうタイミングなんでしょうか?

面白いことに全てこなすとピタッとなくなるんですよね。

一歩一歩こなして行きたいと思います。

さてお題のウイスキーですが

依然ウイスキーブームは続いているように思えます。

特にジャパニーズの人気は大きく

海外からのお客様はほぼジャパニーズウイスキーを名指しでご注文いただきます。

それだけジャパニーズウイスキーが認められているということに繋がりますが

日本のバーでも入手困難であるのも確かです。

当店も一部とうとう在庫がなくなりメニューから消えてしまったウイスキーもございます。

メーカーラインナップから消えた訳ではございませんので

また再度入荷しましたらメニューに加えさせていただきます。

 

 

憶測ですが

ジャパニーズウイスキーは資金、規模もありますが

もともと海外輸出を考えて生産していたのだろうか?と。

国内のみでしたらこんな原酒不足には至らなかったと思います。

有名に、人気になってしまったがため仕方ないことですね。

 

蒸溜器を増設しフル回転で生産されているお酒は

少なくとも3年は熟成させないとウイスキーとは名乗れませんし

当然ヴィンテージ付きとなると10年など表記するにはそれ以上の熟成が必要です。

以前のようにはならないかもしれませんが

また気兼ねなく楽しめる時がくるのが楽しみです。

あと5年10年かかるかもですがじっくり待ちたいと思います。

最新記事

pagetop