BLOG

ボンドマティーニ

本日は中迫が担当させていただきます。

ボンドマティーニ。

殆どの方はこう聞くとウォッカマティーニをシェイクしたものを思い浮かべるのではないでしょうか。

「Vodka Martini,Shaken,not stirred 」(ウォッカ・マティーニ、ステアではなくてシェイクで。)

うろ覚えですが映画で見る限りはオリーブもなかったような気がします。

映画第一弾のドクター・ノオはイアン・フレミング原作小説では

「I would like a medium Vodka dry Martini with a slice of lemon peel. Shaken and not stirred, please.」
(ミディアム・ドライのウォッカ・マティーニに、レモン・ピールを一切れ添えたものを、ステアではなく、シェイクしてくれ)

という台詞が登場しています。

原作準拠とするのであれば実はダニエル・クレイグに変わってからの第一作目「カジノ・ロワイヤル」が小説版においての第一作。

小説、映画共に出てきますがボンドがオーダーしたマティーニがヴェスパーマティーニ。

「A dry martini」 「ドライマティーニをくれ。」

「One. In a deep champagne goblet」

「深いシャンパンゴブレットで。」

「Just a moment. Three measures of Gordon’s, one of vodka,

half a measure of Kina Lillet」

「ちょっと待った。 ゴードンを3オンスにウォッカを1オンス、キナリレを1/2オンスで。」

「Shake it very well until it‘s ice-cold,

then add a large thin slice of lemon peel. Got it?」

「氷のように冷えるまでしっかりとシェイクして、

薄くて大きいレモンピールを入れてくれ。わかったか?」

Vesper、またはVesper Martiniと呼ばれるこのカクテル。

(小説版の)初代ボンドガールであるヴェスパーリンドを想ってオーダーされました。

このマティーニを初代ボンドマティーニだとご存じの方は相当な007好きな方ではないでしょうか。

味わいは比較的ライトで飲みやすくVesperの名を冠するだけあり女性的な味わいです。

日本においてキナリレは輸入できなかっただけでなく現在は製造されておりません。

その為後継銘柄であるリレ・ブランを使用してお作りしております。

リレブラン自体がわずか数人の醸造所で生産されているので手に入りづらいお酒です。

ヴェスパーに恋をし、スパイを辞めてまでの結婚を考えるボンド。

しかし事件に巻き込まれてヴェスパーは命を落とします。

ボンドは思い出とともにヴェスパーマティーニを封印し過去を断ち切ることで精神面においても本当の007になります。

 

それ以降の007ではウォッカマティーニとなります。

当店クライスでもヴェスパーマティーニをお作りさせて頂いております。

オリジナルの分量では多すぎるため通常のカクテルグラスでのご提供ですが・・・。写真

柔らかな口当たりで女性的な味わいのマティーニをお試しいただいてはいかがでしょうか?

 

最新記事

pagetop