BLOG

バルデスピノ ファミリー ヘリテージ ブランデー 

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当させていただきます。

4月に入りもう一週間がすぎました。

入学式、入社式はもう終わったようですね。

僕はランチ時間帯の出勤なのですが、スーツを着た若い方々をよく見かけるようになりました。

初々しさなのか、きっと新社会人だろうなと、なんとなくわかるものですね。

大勢でどこに食べに行くのだろうと気になりますが。

ネット上ではもうすでに辞めたいなんて言っている人もいるそうで。

仕事がそんなすぐに合うか合わないかなんてわかるはず無いのに。

頑張って欲しいものです。

 

さて、新社会人の話の後で今日ご紹介するのは希少な古酒です。

 

9903000007011m

バルデスピノ・ファミリー・ヘリテージ・ブランデー・ソレラ・グラン・リゼルバ」

1430年から酒造りを始め500年以上の歴史を誇るバルデスピノ家。

1999年に現オーナーに全てのストックを売却してしまいます。

その中にあった前オーナーのプライベートストックがこのブランデー。

19世紀から始まるソレラシステムで熟成され、平均熟成年数は50年を越え、100年以上前の古酒も含まれていると言われているそうです。

ソレラ・システムとは、100個ほどの樽を4~5段に積み,最上段に新酒を入れ,上から下へと1/4量くらいずつを移しかえて,新酒と古酒を調合しながら熟成させる方法。

knowledge-mature1-1

いわゆる老舗のうなぎ屋のたれ方式。

とはいっても、19世紀の原酒が入っているわけですからどこか夢があります。

味わい的には濃厚な甘さと熟成されたブランデーの香り。

シェリーカスクモルトが好きな方には是非飲んでいただきたいです。

 

若いブランデーがより熟成されたブランデーと順序だって混合されていきます。何年もかかって古いブランデーと混じりながら出来上がった特徴を若いブランデーが少しずつ身につけていき、最高のお酒になるわけです。

なんとなく会社という物に似ている気がするのですが。

 

一度お試しされてはいかがでしょうか。

最新記事

pagetop