BLOG

Beaujolais Nouveau

こんにちは舩戸です。

11月ももう20日。

今年もあと6週間ですね。

スーパーへ買い出しに行ってもおせちの予約とか、年賀状だとか目にするようになりました。

まだそんなに寒く無いせいかまだまだ秋気分なのですが。

そうは言っても11月の第3木曜日に毎年年末を感じるイベントがあります。

「ボジョレー・ヌーボー」

昨日が解禁日でした。

もうお召し上がりになられた方も多いと思います。

僕はこれが終わるともう年末なんだなと思うのですが。

ちなみに2015年のボジョレー・ヌーボーのキャッチコピーは

「記憶に残る素晴らしい出来栄え」だそうです!

皆様いかがでしたか?

ちなみにこのキャッチコピーは「ボジョレーワイン委員会」が試飲会をしたうえで、各メーカーさんが工夫して考えるそうです。

毎年美味しそうなキャッチコピーですから。

 

95年「ここ数年で一番出来が良い」
96年「10年に1度の逸品」
97年「1976年以来の品質」
98年「10年に1度の当たり年」
99年「品質は昨年より良い」
00年「出来は上々で申し分の無い仕上がり」
01年「ここ10年で最高」
02年「過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え」「1995年以来の出来」
03年「100年に1度の出来」「近年にない良い出来」
04年「香りが強く中々の出来栄え」
05年「ここ数年で最高」
06年「昨年同様良い出来栄え」
07年「柔らかく果実味が豊かで上質な味わい」
08年「豊かな果実味と程よい酸味が調和した味」
09年 「過去50年でも素晴らしい出来」
10年 「1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来」
11年「近年の当たり年である2009年に匹敵する出来」
12年「ボジョレー史上最悪の不作」
13年「小粒だが味の濃いブドウが収穫できた」
14年「近年の当たり年である2009年と肩を並べるクオリティ」

 

どうでしょう。

皆様の記憶に残るボジョレーは何年の物でしたか?

ちなみに僕は2009年が・・・

嘘です。

とはいってもイベント事ですから。

楽しく飲んでいただければと思います。

ボジョレーを飲みながら今年1年を振り返ってみてはいかがでしょうか。

最新記事

pagetop