BLOG
2019年10月

全国大会を終え

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

10月ももう終わり、気づけば一年も残り2ヶ月。

早いですね。

季節ももうすっかり秋めいて夜なんかは寒いくらいです。

これはもう冬の入口に入ってしまったような気がしますが、秋はどこに行ってしまったのか。

そろそろ鍋が恋しい季節です。

 

さて先日の日曜日、バーテンダー協会の全国技能競技大会がJRホテルクレメント徳島行われました。

私、舩戸も選手として出場させていただきましたが、結果はイマイチ。

応援していただいたお客様方ありがとうございました。

来年は名古屋で全国大会が行われます。

来年こそは良い結果が出せるように頑張りたいと思います。

これからも宜しくお願い致します。

臨時休業

大変遅くなりましたが臨時休業のご案内です。

明後日の10月27日(日曜)舩戸選手が全国バーテンダー技能競技大会出場のため

お休みをいただきます。

 

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

グレンモーレンジィハウスイベント

田原です。

ここのところ色々なイベントなどがあり

少しバタバタする状況ですが

来月には年末年始のことも進めていかなくてはいけません。

12月には周年のこともありますし

やることが目白押しの季節になってきました(笑)

 

そして先日書かせていただきましたグレンモーレンジィハウスイベントに行ってきました。

会場を初めて拝見したのですが

屋根付きの屋外会場のような感じで

天気がいいと気持ちよさそうな場所でした。

 

あいにく雨模様で少し肌寒く心配しましたが

お客様も沢山お越しいただいており

やる気満々で早々に準備を済ませ、スタンバイしておりましたら

主催の方から提案で何日間かやってきた中で

ライブが終わると少しお客様が少なくなるので

カクテルのスケジュールを早めていいかとの提案でしたが、準備万端でしたので

どうぞ、どうぞとのお話になり

30分早めてスタートしました。

今回のカクテルはステアという調合方法で

大きなビーカーのようなグラスに氷と材料を入れ

バースプーンという長いスプーンで混ぜ合わせて完成です。

 

ウイスキーベースですし

風味を活かして尚且つ飲みやすく仕上げました。

なかには3杯4杯とお代わりいただいたお客様もみえて

仕事をさせていただき大変嬉しいことでした。

 

同日に横浜でカクテルコンクールも開催されており

そちらが終わってからご来場いただいた方もみえました。

こちらのカクテルは材料が揃っておりますので

またご興味ございましたら

ぜひご注文いただけたらと思います。

 

明日から徳島へ舩戸選手が旅発ちます。

私も明日から向かいますが

お店は土曜営業で翌日(大会当日)はお休みをいただきます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

研究会

皆さん、こんにちは。

本日は川上が担当させて頂きます。

バーテンダー協会の研究会でサントリースピリッツ様のジンについて勉強を致しました。

 

 

世界のジン市場は急速に拡大し続けています。

その要因としては大手ジンブランドがフレーバージンを発売する事によって

若年層にジンの魅力を広げました。

ビーフィーターは1820年から発売し続けてる伝統的なジンでございまして

名称の由来は牛を食べる者とユーモアな考えだと思いました。

六ジンは日本の味わいを表現されたジャパニーズジンでございまして

6種類の日本の素材を活かすので六角形ボトルとシンプルな考えだと思いました。

シップスミスは200年振りに誕生したロンドンドライジンでございまして

ラベルにスワンネックは蒸溜器から頭が描かれてる芸術な考えだと思いました。

世界中のジンにはそれぞれの味や香りや歴史がございます。

ジンの知識が溢れる研究会で非常に勉強になりました。

運命のドラフト

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

ここ最近はスポーツで日本中が大盛り上がりですね。ラグビーにバレーそして明日からはプロ野球日本シリーズが始まります。

そんな中、昨日10月17日は高校球児にとってこの先の人生が決まるドラフト会議が開かれました。

高校、大学、社会人、独立リーグでプロ志望の選手にとっては運命の日となります。

緊張しながら学校などで記者たちに囲まれながら指名を待つのが普通ですが、面白い形でまさかの指名を受けた選手もいたみたいです。

ホンダ鈴鹿のある選手なのですが、まさか自分が指名されるとは夢にも思っていなかったらしく部屋で寝転びながらドラフト会議を見ていたそうです。そして今年大注目の大船渡の佐々木投手や星陵の奥川投手が1位で指名される所をまるで人ごとのようにウトウトしながら見ていると一緒にいた同僚から、おい!お前指名されたぞ!と言われ慌てて飛び起き大喜びしたそうです。まさしく人生が劇的に変わった瞬間ですね。

こういった奇跡が起こる選手もいれば、待ちに待っても指名されず野球の道を諦め一般企業に就職する選手も何にもいます。

幼い頃に父親に野球を教えてもらい野球を始めるもその後父親が他界。母親は女手一つで寝ずに働き息子の野球を応援し、高校ではプロに入れず諦めて就職をして家にお金を入れると決意するもそれに対して母親は大激怒して息子の好きな野球を辞めさせなかったそうです。その後大学で一生懸命がんばりプロへ入り今では年俸2億超えという選手もいます。息子が野球を辞めようとしていた時のあの決断は勇気がいると思います。ほんとに感動しました。

僕もこの先の人生なにが起こるか分かりませんが、何事にも一生懸命でありたいなと思いました。

スコッチと密造者

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

朝晩と急に涼しくなりました。

ジャケットを着ないと寒いくらいで。

ちまたではインフルエンザがもう流行っているそうです。

例年に比べ2ヶ月も早いんだとか。

どうやらラグビーW杯の影響もあるのでは。なんて言われていたり。

確かに季節が反対の南半球からも多くのファンが来日してますので、その影響は否定できないかと。

インフルエンザもそうですが、季節の変わり目。

風邪などにも充分に気をつけたいと思います。

 

さて、ラグビーW杯と言えば日本×スコットランドが盛り上がりましたね。

僕はと言いますとラーメン屋で右手にビール、左手にスマホ状態で試合終了のカウントしておりました。

店員の人たちも麺の湯切りをしながら「勝った?」なんて盛り上がっていたり。

8強はどうやらもの凄いことのようです。

バーで働いていますとスコットランド=スコッチのイメージが強いですがファンの方はラグビーを思い浮かべるのでしょうか。

なかなかに気性の荒いプレーが見受けられましたが。

これぞヴァイキングの血か!なんて一人思っておりました。

スコッチの歴史の勉強をしていますと必ず出てくるのが1707年のスコットランドとイングランド併合です。

そのためスコットランドの地酒であったスコッチにイングランド政府が大幅に課税を強化。

生産者の多くはこれに反発、密造をし、ウイスキーを隠すために樽に入れ、それが今日にみられる樽熟成ウイスキーの始まりとなったというもの。

1823年の酒税法改正まで100年もの間ウイスキー生産者は政府と陰ながら戦っていたんですね。

結局その時のイギリス国王ジョージ4世がその当時密造酒であったグレンリベットを愛飲していたから周りの側近が慌てて酒税を下げた、なんてまるで一本の映画が作れそうなお話だと思うのですが。

密造業者たちの勝利です。

粘り強さと諦めない心意気。家に帰って試合の再放送を見ながらそんな事を思っていました。

 

次は南アフリカ戦。

頑張っていただきたいものです。

これからのキャンペーン等

田原です。

夏から秋にすっかり様変わりといった感じでしょうか?

日中の暑さもありますが

夜は涼しくなり、過ごしやすい感じです。

このタイミングで風邪などひかないよう

お気をつけくださいませ。

 

今回はネタが少ないので

キャンペーン予告などをさせていただきます。

来週からシャンパンのキャンペーンが久々に変わります。

銘柄はランソンなのですが

ブリュット以外のものもキャンペーンをさせていただきます。

そして

ウッドフォードリザーブのキャンペーンも始まります。

 

カクテルでは

寒い時期限定のアイリッシュコーヒーがスタートしました!!

夏でもリクエストがありますが、豆の状態を考慮しますと難しく

スタートのタイミングをいつも冷え込んでからにしておりましたが

お声が多く例年よりも早めに開始させていただきました。

 

フルーツカクテルはここからはザクロやイチゴが出てきます。

少しフルーツは種類が少なくなり寂しくなりますが

この時期の楽しみでもあるものもございますので

ぜひ、これからの季節の旬なものをお楽しみいただけたらと思います。

ゴーストクラブ

皆さんこんにちは。

本日は川上が担当させて頂きます。

ゴーストクラブのセミナーでジョニウォーカーについて勉強を致しました。

 

 

ブレンデットウイスキーであるジョニウォーカーが第3弾として

閉鎖蒸留所のウイスキーの原酒とグレーンウイスキーの原酒をブレンドした

ウイスキーの歴史や苦難を教えてもらいました。

ジョニーウォーカーのアンバサダーに教えて貰ったパーフェクトサーブという

飲み方をしながらブレンデットウイスキーを勉強を致しました。

パーフェクトサーブは口の中を氷水で冷やしながら、ウイスキーをストレート

ういう飲み方でございます。

ジョニーウォーカーの第3弾の閉鎖蒸留を予想しながら、発売日を待つのも幸せです。

スコットランド後編

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

3回に分けて書かせていただいたスコットランドツアーも今日で終わりです。

今日は最終日の出来事を書こうと思います。

最終日の3日目は午前中はロイヤルロッホナガー蒸留所へ行き、ここでも貴重な原酒を飲ませていただきました。

ロイヤルロッホナガーの貯蔵庫にはディアジオ社が所有している蒸留所の原酒も置いてあり、その中から1つだけ樽から原酒を抜き出して飲ませてあげると言われたので超熟のシェリー樽のモートラックを飲ませていただきました。

 

 

あまりの美味しさに衝撃でした。超熟ですが渋すぎなくしっかりモートラックらしさもありバランスがとても良かったです。

今回の旅ではシェリー樽原酒を飲む機会が多かったのですが、どこの蒸留所の方もシェリー樽熟成は難しいと言っておりました。

そして最後に蒸留所の方が、そういえば今近くにエリザベス女王が来てるよ!と言いみんなでビックリしてひと目見てみたいねーなんて話にもなりました。

ここの自然の風景を気に入ってるみたいでたまに来るそうです。

帰りの飛行機の時間もあるので見学はここまでにし車で空港に向かい、途中お昼ご飯でフィッシュ&チップスを買って公園でみんなで食べました。

 

運転手さんが買ってきてくれたのですが、ここら辺で1番美味しいと話題のフィッシュ&チップス屋さんらしいです。たしかに衣にもしっかり味が付いておりそのままなにもつけずに食べても美味しかったです。

そして空港へいき、日本に帰ってきました。

 

3泊5日と弾丸だったのですが色々な体験や勉強ができ本当に充実した時間を過ごさせていただきました。

一緒に行ったメンバーの先輩方にもたくさん可愛がってもらいとてもたのしく過ごせました。たくさんの方達に感謝です!

勉強してきたことを活かしばりばり仕事を頑張りたいと思います!

長々と失礼いたしました。

Pay

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

今日から10月ですね。

でも昼間はまだまだ暑い。

もうそろそろ涼しくなっても良い頃だと思うのですが、なかなかそういったことも無く、サンマなんかもまだまだ高いまま。

そろそろサンマの塩焼きが食べたい。

そして今日から消費税増税がスタートしたわけですが、ニュースでは色々なところでトラブルがおきているそうです。

当店も消費税分値段が変わりますが、どうも普段目にしている数字と違うため電卓を叩き間違えないか少し不安ではあります。

ちまたではキャッシュレス化が薦められ、僕個人としても○○ペイのような支払い方法もよく使うようになってきてはいるのですが。

一体、何を使えばお得なのか。

沢山あってよくわかりません。

これから数年後には何かが残って何かが消えていくのでしょうか。

またさらに違った支払い方法も出来てくるかもしれませんね。

 

さてバーの世界でpayといえば・・・

カルヴァドス ペイ・ドージュ(Pays d’Auge)・・・

(無理矢理です)

カルヴァドスとはリンゴ原料のブランデーです。

一部洋梨のブレンドもされています。

カルヴァドスはノルマンディー地方で3つの生産地域に分けられており、それぞれ

「カルヴァドス」

「カルヴァドス ドンフロンテ」

「カルヴァドス ペイ・ドージュ」

と呼び名が違います。

その中でもカルヴァドス ペイ・ドージュは単式蒸留器で2回蒸留、洋梨の混合比率は30%以下、最低2年間のオーク樽熟成などと決められていて、ペイ・ドージュのカルヴァドスが他の生産地区と比べ高値で取引されることが多いそうです。

当店には、ブラーやクールドリオンがございます。

お試しになってはいかがでしょうか。

最新記事

pagetop