BLOG
2013年8月

暑い日が続きますね。

今回は暑さにめっぽう強いつもりの田原が書かせていただきます。

 

以前研究会で氷を取り上げたお話を書かせていただきましたが

今回はテレビ取材をいただいた時のお話です。

 

氷でお世話になっております「川久」さんを取材される流れで

氷の違いを当店で取材していただきました。

三重美里、上高地、富士、信州と名古屋の5種です。

比べたのはこの5種を溶かした水の飲み比べと

同じ条件、タイミングで冷凍庫から出したそれぞれの氷を割り比べです。

氷自体は締めたりすると氷は固くなりますが

今回は条件を同じくしたので固さは変わらないはず

なのに氷の割れ方が違うんです!

氷屋さん曰くミネラル等、色々と成分が複雑なものとそうでないもの

そういった部分で割れ方に粘りがあったり、スパッと割れたりと違いを感じました。

溶かした水の飲み比べは富士、信州は固さを感じますが

それぞれ独自の味わいも多くあり近く感じる部分もありました。

三重はサラッとしていてひっかかりがなく

上高地は若干固さも感じますが柔らかめの味わいでした。

撮影はといいますと1時間に及ぶ撮影だったので

どれだけ放送されるのかと楽しみにしておりましたが

30秒くらいの放送時間で「え!!終わり??」という瞬殺でした。

取材のメインは氷屋さんなので短いのは当たり前ですが…。

緊張もありましたが貴重な経験をさせていただきました。

写真

The Glenlivet18年

こんにちは、舩戸です。

皆様、お盆休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。

私はといいますと、実家でのんびり、といいますか、こき使われたといいますか。

とりあえず楽しく過ごせました。

リフレッシュして、またこれから頑張れそうです。

 

さてクライスもお盆休みをいただきまして、ボトルキープのフェアも変わりました。

今回は「The Glenlivet 18年」でございます。

価格は10500円!!

お値打ちです。

グレンリベットといいますと、麦芽のドライなタイプのモルトという印象ですが、さすが18年クラスになりますと、果実香の華やかなタイプになります。

この機会にお試しされてはいかがでしょうか。

20130819_170052

スモーキングガン

本日のブログ投稿は中迫が担当させていただきます。

 

当店で使用しているバーツールの中の一つにスモーキングガンがあります。

IMG_1009

片手サイズよりやや大きめと小型ながらも比較的手軽に燻製ができる優れものです。

当店ではおつまみとして「スモークたくあんのクリームチーズのせ」として活用している他、カクテルにも色々試しております。

単純にバーボンをスモークしたりウイスキーベースカクテル、トマトジュースを使用したようなカクテル等が相性がいいかと思います。

特にマンハッタン、ロブロイなどはご好評いただいております。

今後もいろいろなおつまみ、カクテル等々に試してみた上でご提案させていただきます。

シェイカー

こんにちは田原です。

前回から書いた人がわかるよう名前を入れるようにしました。

またご覧になっていただくときの楽しみ方が増えるかと思います。

co-b1639-18-2-2

今回は当店で使用しておりますシェーカーです。

ステンレス製が多い中

当店はニッケルシルバーという材質のもの使い

さらに普段よく見かける1杯調合より1サイズ大きなものを使ってます。

サイズを大きくすることにより

空気と氷のスペースが増え

冷えと混ざりをよくします。

またさらにニッケルシルバーは冷えが早いので

氷が溶けるのを極力少なくし

混ぜられるという利点がございます。

ただどうしても材質上、シェイカーが重いという部分がありますが…。

 

出店前機材選びで色々なシェイカーをみて少し考えましたが

スタッフそれぞれの力をフルに出し切るには

納得のいくものを使い、よりご満足いただきたいという気持ちから

こだわりの氷で機材、材料という今の組み合わせができました。

今まだ知らないものもございます。

色々と勉強をして今日より明日、明日より明後日を

より美味しいものがご提供できるよう

日々頑張ってまいります。

最新記事

pagetop