BLOG
ウイスキー

バランタイン シングルモルトシリーズ

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当させていただきます。

ここ数日は本当に寒いですね。

雪もチラつき、路面も凍っていて、おっかなびっくり自転車を漕いで通勤をしております。

車がスリップして壁に突っ込む所を目撃したり、コケて怪我をした、なんて話を聞きますが、皆様はいかがでしょうか?

充分気を付けていただければと思います。

 

さて、本日は新しい商品のご紹介です。

「バランタイン グレンバーギー15年」と「バランタイン ミルトンダフ15年」です。

バランタインで使われるキーモルトのうち、味わいを決定づけている「グレンバーギー」「ミルトンダフ」。

バランタインとしてはじめてのシングルモルトです。

樽は一度も熟成に使用されていないファーストフィルのアメリカンオーク樽を使用。

バランタイン17年の7柱ミルトンダフ、グレンバーギー、バル ブレア、グレンカダム、アードベッグ、スキャパ、プルトニーというのは最近言われなくなってしまったのでしょうか。(アードベッグがラフロイグに変わったなんて噂も聞いてたりしますが)

最近バランタインは「スキャパ」「ミルトンダフ」「グレンバーギー」「グレントファーズ」を4つのキーモルトとして重視しているそうです。

「スキャパ」による果実や花のような香り。「ミルトンダフ」の力強いしっかりとした基礎ボディー。「グレンバーギー」のフルーティーでスウィートな香り。そして「グレントファーズ」のベリーやナッツを思わせる滑らかで繊細な後味。

スコッチの王道と呼ばれるバランタインらしい個性が楽しめるシングルモルトです。

皆様お試しされてはいかがでしょうか。

ジョニーウォーカー・ゴーストクラブ

田原です。

連日の雪で寒さも深まり

身も心も引き締まる感じです。

すでに1月も残り僅かになってきました。

 

お題にもありますジョニーウォーカーのゴーストクラブという

ブルーラベルの希少性や新たな一面も楽しんでいただこうといったPR店の1つとして当店を入れていただきました。

ゴーストクラブでしか味わう事ができないウイスキーも随時リリースされますので

今後はこちらも楽しみにしていただけたらと思います。

ジョニーウォーカーブルーといえばジョニーウォーカーの中では最高クラスで

1万樽に1樽と言われる希少な原酒のみ使用され組み立てられるウイスキーです。

実はもう作られてないと思いますが

ブルー専用グラスがありまして

メーカーはリーデルというメーカーの商品です。

過去に品番調べたんですが載ってなく

ブルーのためだけに作られたグラスだと思っております。

大ぶりなストレートグラスですが

こちらで飲むとより細かな香りや味わいが掴みやすく

ブルーの良さが引き出されます。

 

スタートしたばかりで今後どのような展開になるのか非情に楽しみでもあります。

またこちらでもご紹介させていただこうと思っておりますので

宜しくお願い致します。

ラバーズ無事終了

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

 

21日の日曜日に開催されたウィスキーラバーズ名古屋が無事終了いたしました。

僕たちNBA名古屋支部は朝の9時半集合でした。

みなさん1、2時間の睡眠時間で集合したので顔がいつもより白い人や睡眠不足で逆にテンションがハイになってる人もいました。

11時スタートでだいたい1時間半に1回カクテルが変わっていくというスタイルでした。

僕の担当はグレンモーレンジィオリジナルでハニーモーレンジィというカクテルを作らせていただきました。

たくさんの人に盛り上げていただき楽しくカクテルを作ることができました。

朝からでしたので疲れはありましたが終わってしまえばとても楽しかったなと思いました。

ご来場のみなさんありがとうございました。

来年もまたさらに規模が大きくなるそうなので、来年のウィスキーラバーズ名古屋もとても楽しみです。

ウイスキーラバーズ名古屋2018

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当させていただきます。

今週は暖かい日が続きましたが、また来週から寒くなるそうですね。

ひょっとしたら雪が降るかもなんて言われていますが。

また、連日インフルエンザのニュースが報道されているようです。

皆様も体調には充分お気を付けください。

 

さて、明後日1月21日の日曜日11時から、吹上の名古屋市中小企業振興会館で「ウイスキーラバーズ名古屋2018」が開催されます。

去年も年始に行われたイベントで今年で第2回目となりますが、今年もバーテンダー協会名古屋支部がウイスキーカクテルを作る事となりました。

前回は3種類のカクテルだったのですが、今回はなんと13種類のウイスキーをベースに、13種類のカクテルを、13人のバーテンダーがそれぞれ時間ごとに作る事になっています。

それぞれのバーテンダーがベースのウイスキーの味を活かすカクテルを考えておりますので、時間ごとに変わるカクテルを最初から最後まで楽しんでいただける事間違いなしだと思います。

ウイスキーのテイスティングも勿論楽しんでいただきつつ、バーテンダー協会のブースにも足を運んでいただけたらと思います。

皆様、どうぞよろしくお願いします。

5周年イベントが無事終えて

田原です。

 

先週8日から13日までの1週間

5周年記念イベントをさせていただきましたが

沢山のお祝い等いただき深く感謝申し上げます。

次は7周年、10周年と目標は続きます、ようやくよちよち歩きができるようになった感じのお店です。

また今後とも宜しくお願い申し上げます。

そして年末年始に実家で過ごした際に余市蒸溜所から手紙が届いておりました。

このお店を出す半年前の6月に余市マイウイスキーづくりというものに参加しており5年経ちましたが住所等変更ございませんか?という

大変ご丁寧でお気遣いいただいた手紙が届いておりました。

その時はお店を出す場所も何も決まっておらず

実家の住所にしていたので実家に届いておりましたが

今はお店をさせていただいておりますので

住所変更等の手続をさせていただきました。

もう一度、4年後の2月にご連絡いただけるそうです。

そしてその年の11月~12月の間に10年熟成の余市が届きます。

そして届く予定の12月は丁度10年を迎えます。

こういったタイミングで仕込むことができたことは

とても嬉しく有難く思います。

そしてそれに伴うお店になるよう

いい10周年を迎えられるよう頑張りたいと思います。

アードベッグカレンダー2018

田原です。

先日実家の紅葉のお話しを少しさせていただきましたが

最近行ったら綺麗に色付いておりました。

 

そして12月3日ですがFacebookを立ち上げると

5年前の投稿を出してくれて

5年前の3日は工事が始まったばかりだったのだと思いました。

毎日投稿してたので日々の進み具合が思い出として残っております。

さておき今回のお題のアードベッグカレンダーですが

今年から目を引く目新しいデザインでしたので

来年のはどんなカレンダーか楽しみにしておりましたら

きました!!

立体式で三カ月毎に面を変えていくというスタイルです。

組み立ても簡単ですのですぐに作ることができました。

 

こちらはキャンペーン中のアードベッグTENをボトルキープいただけると

1セットプレゼントという条件はございますが

目を引くデザインのカレンダーですので

ご興味ございましたらぜひ。

 

忘年会シーズン真っ只中の方も多いかと思います。

寒さも増してきましたので体調管理、充分にお気を付けいただけたらと思います。

ウイスキーラバーズ名古屋2018

田原です。

週末ごとに台風がきて色々と予定を狂わされている方も多いかと思います。

そろそろ落ち着いた週末を迎えたいですね。

 

今年1月に行われましたウイスキーラバーズ名古屋

来年の1月に第二回が行われます。

 

今年は大切な会議と重なってしまっており欠席しましたが

来年はお手伝いに参加させていただこうと思っております。

それに伴い当店もチケット販売&イベントPRをさせていただいております。

こちらはウイスキーラバーズ名古屋2018 PRボトルでアイラモルトがボトリングされております。

一応このラベルの中に蒸留所名のヒントが隠されておりますので

お召し上がりいただきながら

どの蒸留所なんだろう?と探してみるのもいいかと思います。

 

今年のウイスキーラバーズのイベントは会場がそれほど大きくなく

また来場が重なったこともあり入場規制がかかったそうです。

その反省も含め今年は会場が2倍の広さに

またブースの数は1.5倍も増えたそうです。

 

それでもチケットの売れ行きが増えれば同じことでしょ?と思われますが

今回ご用意されてるチケット数は数に限りがあるそうです。

なので今年のよう状況にはならない配慮がされてるそうです。

 

11月19日は2年振りにテキーラフェスティバルもあります。

こちらも参加しますので普段と違う一面も見てみたいというかた(笑)

テキーラにご興味がある方

こちらもぜひ!!

グレングラント12年

 

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

グレングラント12年のボトルキープフェアが始まりました。

グレングラント蒸留所はスコットランド北部のスペイサイドに1840年に創業された歴史ある蒸留所です。

ノンピートモルトを原料としてますのでクセはなくスムースで香味バランスがとても良いイメージです。

バニラやアーモンドのような甘い香りや華やかな香りが特徴です。

Simplicity(飾り気のないこと)をモットーにバランスよく軽やかで皆様に親しみやすいシングルモルトウィスキーづくりにこだわっているそうです。

ボトルのデザインも細長いネックであるポットスチルをイメージしていて、細くてスタイリッシュです。

飲みやすく親しみやすいウィスキーなので皆様に楽しんでいただけると思いますので、1度試してみてはいかがでしょうか。

リッテンハウスセミナー


みなさま、こんにちは

本日は舩戸が担当です。

台風が過ぎ、良い天気が続くかと思ったらまた雨になるようですね。

気温もぐっと下がり、また南の方に台風が発生したとか。

なかなか秋晴れとはいかないようです。

皆さま風邪などにはお気を付けください。

 

さて、本日、バカルディジャパン様より「リッテンハウス」のセミナーをしていただきました。

リッテンハウスとは、アメリカ、メドレー社が数十年前に生産していたライ・ウイスキーです。

ペンシルバニア州で造られていて、ヘブンヒル社が当時のレシピを元に、現在は廃止された「ボトル・ドイン・ボンド」の製法で復刻した商品です。

「ボトルド・イン・ボンド(Bottle in Bond)」とは

1897年発令のボトルド・イン・ボンド法という連邦法
…当時粗悪品対策として連邦政府がバーボン・スピリッツの品質を保障するために設けた法律
ストレート・ウイスキーに適用されるがその適応条件は厳しい

アメリカのストレート・ウイスキーで、
1.一つの蒸溜所(シングル・ディスティラリー)だけの原酒
2.1年(シングル・イヤー)の1季節(シングル・シーズン)に蒸溜したものだけを樽詰
3.政府監督の保税倉庫で熟成
4.熟成は4年以上
5.アルコール度数100プルーフ(50%)で瓶詰

※1~5を満たしたウイスキーがボトルド・イン・ボンドまたは「ボンデッド(Bonded)」とラベル表記可能 というもの

 

リッテンハウスは現在、アメリカではカクテルベースとしても大変人気のようで。

というわけで、今回集まったバーテンダーみんなでカクテルを作ってみました。

スタンダートのマンハッタンやニューヨークからオリジナルカクテルまで。

このライウイスキー、度数が50度もあり味わいもパワフルです。

みんなの味の持って行き方が面白くて、あーでもない、こーでもない、と楽しい体験をさせていただきました。

皆さまも一度リッテンハウスのカクテルなどお試しされてはいかがですか。

10月研究会

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

今月のNBA名古屋支部の研究会はレミーコアントロージャパン様にお越しいただき、ブルックラディセミナーをしていただきました。

ブルックラディ、ポートシャーロット、オクトモアなど6種類用意していただき試飲しました。

ノンピートだったりピートが強かったりそれぞれ個性的なものが多いですが、どれも共通して言えるのが麦の甘みや麦の味がしっかり感じられるなと感じました。

原材料の大麦や水にこだわっているだけに度数が高いものが多いですが口あたりがよく良い意味でパンチがあります。

クラシックラディは50度ありますがソーダ割りが抜群に美味しいので女性の方でも気軽に楽しめるウィスキーです。

当店にもブルックラディ蒸留所の商品ございますので是非お試しくださいませ。

 

1 / 1012345...10...最後 »

最新記事

pagetop