BLOG
お店のあれこれ

和紙

田原です。

一昨日、舩戸選手が全国バーテンダー技能競技大会in北海道に挑んできました。

私と佐藤も応援に行きましたが

台風という空の旅にはとても危険なものが近付いておりましたので

ヒヤヒヤしましたが、何とか予定通り帰ってこれました。

結果報告等は次回が舩戸の回ですので

そちらにて報告があるかと思います。

じつはまだ細かな成績表は後日郵送だそうですので本人も詳しいことを知らず

間に合えばそちらも併せて報告させていただけるかと思います。

 

というわけで今回の題目「和紙」ですが

以前も書かせていただきましたカウンター側のテーブル席壁面に飾ってありました私の先輩が作られた作品が今回変わりました。

ドン!!

リアルすぎてご覧になられた方はこれヒラメの型を取って作ったの?とかおっしゃられますが

ヒレとかそれぞれ手作業で丁寧に作られた作品です。

和紙というと平面的な印象ですが

この作品は立体に作られており見ていて飽きないと言いますか

ジッと見てしまう作品です。

先輩からはお店の雰囲気に合うか心配いただきましたが

とてもマッチしており私はとてもお気に入り状態です。

 

またご来店の機会にぜひご覧になっていただけたらと思います。

真空ミキサー

田原です。

秋を感じる日が増えてきました。

段々と日の入りが早くなり、夜の時間が長くなる。

秋から冬へ…すぐに来てしまうんですよね。

周年のイベントも計画中です(笑)

 

そしてまた一つ歳を重ねます…。

 

今回のテーマは真空ミキサーとありますが

以前から実は気になっており

今までは家庭用の話までしか聞いたことがありませんでした。

今回お話しをいただき当店でデモンストレーションをしていただきましたが

ジュースにしてみると通常ミキサーとは

見た目から違いがあり(泡立ち)、色、香り、味ともに違いがございます。

原理は材料を入れたミキサー内を真空にしてからミキサーが動き出し

空気をなるべく含ませないようにしてジュースにするという方法。

メリットは酸化しずらく鮮度が保てるのと、ビタミンCの残存量が豊富という部分です。

リンゴ、トマト、パイナップル、スイカとやっていただきましたが

リンゴは時間と共に通常ミキサーのものと比較すると

全然違う状態になります。

 

料理の世界でも使われているようで

フレンチやイタリアンなど料理のソースを作ったり

和食でも使われているそうです。

 

いまレンタルさせていただいており

色々と使い道を模索しておりますが

うまくはまれば強い味方になりそうです。

 

色々と試してみたいと思います。

ご案内

田原です。

最近運動不足を少しでも解消しようと思い徒歩の時間を増やしておりますが

暑い季節には辛いですね。

ですがそれなりに効果は出そうです。

 

当店にチラシやショップカードなど置いてある場所がありまして

店内入ってすぐ左テーブル席側カウンターの上に色々と置かせていただいております。

その中でも最近ご縁がありまして「LIQUL(リカル)」というウイスキーやカクテル、バーにちなんだ小冊子を置かせていただきております。

そこそこ厚みもありカラーでしっかりと作られておりますので

持っていっていいですか?とお声をいただくほど

持って行きずらいのか、なかなか持って帰られる方がまだ少ない状況です。

実は以前から知っている方がこちらの冊子に携わられており

こちらにも関係されているとお聞きしビックリしました。

 

こちらは定期的に新しくなりますので

ぜひ楽しみにしていただけたらと思います。

山椒

田原です。

山椒をボタニカルとした季の美というジンがリリースされておりますが

香りも良く味わいも和の感じがあり人気がございます。

 

先日ニッカ・カフェジンとカフェウオッカのセミナーに参加させていただきました。

バーショーでも同じく佐久間チーフブレンダーによるカフェジンとウオッカのセミナーを受けさせていただきましたが

今回は、よりプロ向けな内容になっており大変勉強になりました。

こちらも山椒をボタニカルとして使用されており季の美より更に山椒感が出たタイプの味わいです。

そして来週セミナーを受けさせていただきますが

サントリーさんの「六」というジンがリリースされます。

こちらも山椒を使用しておりますが更に桜という他にはない風味があり纏まりもよく面白いジンかと思います。

 

前振りが長くなってしまいましたが

山椒、山椒ときてたので山椒を使ったビターズを作ってしまおうと思い作ってみました!

山椒、丁子、柚子、ポンカン、カルダモンなどを加え漬け込み完成し

そのまま少しなめてみましたが「辛い!!」って感じでストレートは絶対無理です。

ブラッディメアリーなど作ってお勧めを見つけていきたいと思います。

 

そして何度も書いてしまいますが

今週の土曜日は総会&翌日は佐藤の全国大会もあり

ご不便をおかけし大変申し訳ございませんがお休みをいただきます。

また結果報告させていただきますので

楽しみにしていただけたらと思います。

日本の氷

田原です。

先日佐藤が書きましたレミーマルタンのセミナーですが

実はその夜アレクサンドル氏がお越しいただきまして

カクテルなどをお召し上がりいただきました。

初来日ともあり日本の情報も聞いてたようで、注目されてたのは氷でした。

 

割る前の氷のブロックを見ていただき

木桶に入れた割った氷もご覧になっていただいたのですが

通訳の方に当店の氷を選んだコンセプトも説明いただき

大変喜んでいただきました。

mainimage_03

やはり日本の氷レベルはかなり高いようで

日本でやっているとわかりませんが

やはり過去に海外へ行ったときも望むレベルの氷が手に入らず

大きなプラスティックのケースにミネラルウォーターを入れて凍らせたのを思い出しました。

 

水が違えば氷も違う。

味に影響するものは慎重になりますし

コンセプトにあうものを使いたい。

なんだかお店をオープンするときに色々と悩んだことを

共感していただけて嬉しい日でした。

 

今後も現状に満足せず

更なるものを目指したいと思います。

オリジナル バーマット

田原です。

最近ブログの写真等の表示がおかしく、小さくしか表示されなくなり

パソコンで見ると真っすぐなのに、携帯でみると回転してたりします。

改善するまで少々見づらいかと思いますが暫くご辛抱いただけたらと思います。

 

さてさて、今回のお題はバーマットですが

基本バーマット上でカクテルの調合をしたりウイスキーを注いだり

ご注文いただいたお飲み物をこちらで仕上げていきます。

今まで使っていたバーマットは痛みはじめており

そろそろ変え時かというところで、オリジナルバーマットのお話しをいただきました。

 

数店舗でのリサーチによる使いやすいサイズだそうで横670mm縦215mmというサイズです。

横幅は丁度良く縦幅がもう少し短くてもいいかなと思いますが、使いやすいです。

IMG_0845

 

カウンター調合スペース2ヶ所をこちらに替えました!

意外と皆さま気が付いててもおっしゃらないのか

まだこの話題に触れたかたは1名しかみえません。

それだけ自然なのかもしれませんが…。

 

替えた側としては「あれ?このマーク入ってたっけ?」など

言葉をかけていただけるかと思っておりましたが

意外と何事もないかのような状態です。

 

またご来店の際、ご覧になっていただけたらと思います。

和紙工芸

田原です。

今月も今日が最終日ですが舩戸の結婚式がありビッグイベントのあった5月ですが

6月はまた色々とある月ですので、またこちらにてご報告させていただきます。

 

以前書かせていただいた地元の先輩が日展を終え

1ヶ月ほど前に個人の展示会をされてたので、こちらにもお邪魔させていただきましたが

以前お話しさせていただいた作品をお店に展示させていただく話が決定し

現在飾らせていただいております。

場所はカウンター側のお席奥のテーブル席で

当店のイメージカラーを含んだ素敵な作品でございます。

IMG_9817

ヒラメなど魚を題材にされた作品も多く立体的であったりするので

そのように作って、どのくらいの所要時間や合わせるタイミングをみるのかなど

勝手に想像してしまうくらい不思議な作品も作られております。

丁度いいサイズでスポットライトも設置しましたので

カウンター奥のテーブル席が少し暗いと感じてたのも解消され

いい感じになりました。

IMG_9814

今後飾らせていただく作品は先輩の展示会などタイミングで変わってくると思いますので

季節感が出たり印象の違う作品を飾らせていただけるかと思います。

一つの絵などで雰囲気がガラッと変わるので今後が楽しみです。

 

またその作品が欲しい!買いたい!とのご要望ございましたら

先輩に聞いてみますのでご遠慮なく仰っていただけたらと思います。

トンプソン

3月に入り春もグッと近づいてまいりました。河津桜などの早咲きの桜なんかはそろそろ見ごろでしょうか。

とはいえまだまだ風も冷たく寒い日が続きます。風邪にはご注意ください。

本日は中迫が担当させていただきます。

 

本日はクライスでもご用意しておりますフルーツの一つ、トンプソンのご紹介です。

budou16

日本では葡萄というとやはり秋のイメージですが、トンプソン、オータムロイヤル、デラウェア等のカリフォルニアブドウは冬がメイン。

トンプソンはカリフォルニア原産の緑色をした細長い形の種無し葡萄です。

日本には主にアメリカ産、カリフォルニア産、チリ産のものが輸入されています。

栄養価としてカテキン、リスベラロール、アントシアニンなどが豊富です、

残念ながら他のフルーツと比べビタミンは豊富とはいえません。

しかしブドウ糖が非常に豊富に含まれており、疲労回復、夏バテ予防にはもってこいの果物です。

 

トンプソンを一番見かける機会はもじかしたらレーズンでしょうか。

カリフォルニアレーズンと呼ばれるものはほとんどがこのトンプソンを原料とされています。

また、若干しタイプのサルタナレーズンと呼ばれるものもトンプソンが主なる原料です。

 

レーズンの原料として多く使われておりますがもちろん生食しても美味しい葡萄です。

果肉、果皮はやや固めでパリッとした食感が楽しめます。

甘味もしっかりとあるのですが酸味も多く感じるのが日本のブドウとの違いでしょうか。

種無しのブドウですので丸ごと食べることができるのも特徴の一つ。

 

 

カクテルにしてもよし、フルーツとして食べるもよし。

トンプソン。聞きなれないフルーツですが是非お試しくださいませ。

 

新バースプーン

田原です。

そろそろオリジナルカクテルの冬バージョンを

考え始めないといけないと思っている今日このごろです。

 

BIRDYさんのバースプーン、すでにリリースされておりましたが

手にする機会がなく先日の全国エリートバーテンダーカクテルコンクールの会場で

BIRDYのY山様とお会いし使わせていただく機会ができたので

使ってみると良さげな雰囲気。

その場で2本発注させていただき先日届きました。

IMG_6746

先の部分は尖っているのが今までのタイプ(右)で

穴があけられ広く水切りの用途のあるタイプ(左)が今回仕入れたスプーンです。

実際先が少し重いので遠心力が加わり回し易いのと

回すべき中心がわかりやすくなりました。

中心で回すことにより余分な負荷がかからなくなるので仕上がりが変わります。

IMG_6747

またネジられた本体もピッチが違い

そしてよく見るとネジられた山の頂点の面取りがしてあります。

これにより手にかかる負担も軽くなり回しすぎで擦りむけたりすることも減ります。

 

今回は専門的な話題ですが

バーツールで仕上がりが変わるのでとてもデリケートになる部分でもあります。

 

そのうち全部これになってたりして(笑)

自家製セロリビターズ

田原です。

6月も今日でラスト。

今月からスタートさせていただいた

日曜営業もお陰様で少しずつですが知っていただけて有難く思います。

 

今回は当店オリジナル・セロリビターズのご紹介です。

先週作成したばかりですが第三弾が完成しました!

 

実は某メーカーさんが出してるのもあるのですが、香りが強すぎてセロリ嫌いな方には到底無理な感じの味わいでして

なんなら作ってしまおうからスタートしたのですが

トマト系のカクテルにはバッチリな相性を提供してくれます。

 

こちらは色合いが難しくなるので加熱しない製法で作っていきます。

器にシナモン、カルダモン、クローブ、レモンの皮、オレンジの皮と主役のセロリ。

ベースにするのはスピリタスウォッカで96%のアルコール分があります。

それにお水を加えアルコール分を少し下げて漬け込み、成分を抽出していきます。

IMG_5527

毎日香りをチェックして理想の風味になるよう、強く出てきた脇役を抜いたりしコントロールしていきます。

IMG_5661

赤っぽい写真になってしまいましたが3日目でセロリがしんなりとしてレモンやオレンジピールはほとんど取り除かれております。

IMG_5663

6日ほど漬け込みアルコール分40%くらいまでに加水して完成です。

IMG_5675

緑色のセロリビターズ完成です!!

 

ブラッディメアリーなどトマトジュース系のカクテルに使っておりますので

ぜひお楽しみいただけたらと思います。

1 / 41234

最新記事

pagetop