BLOG
新商品

アードベッグデー2022

田原です。

先日アードベッグデー2022に参加してきました!

 

約3年ぶりのアードベッグデーのイベントで

また東京も3年振りということで久々すぎて 顔を出したいお店もあり

食べたいものもありで1泊2日に詰め込み向かいました。

 

会場は原宿で実に縁が遠い場所

土地勘が全くないのでナビを使い会場へ

今年のテーマはハードコアとアードベッグをかけてアードコアという銘柄で

会場はパンクとかヘビメタのようなデザインで構成され

手指消毒と検温をして入り口でいただくチケットを使って

カクテルやアードベッグを楽しむことができるシステムでした。

すでにこのイベントで4杯いただき充分に楽しませていただきましたので

このままホテルへチェックインして身軽の状況にし

3年ぶりの挨拶回りへと。

 

結局終わってみると9件回らせていただき満喫させていただきました。

回りたかったお店には全て回れましたので大満足の夜でしたが

最後の方、全く記憶がない訳ではありませんが断片的で

大先輩などみえたので失礼なことがなかったのか心配になり

翌日お礼も兼ねて連絡させていただきましたところ

お気遣いいただいたのか嬉しいお言葉まで頂戴し少し安心しました。

 

ほどほどにと思いますが

ついついという言葉も重なってきますね。

 

そしてアードコアの話題に戻しますが

まだクライスにはお楽しみいただける数はございますので

アードベッグの中でも尖った味わいをぜひお楽しみいただけたらと思います!

イチローズ

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

3月も中旬になって天気の良い日は春らしい気候になってきましたね!

メニューも冬オリジナルからそろそろ春のカクテルを考えていきたいと思います!

 

新しく入ったウイスキーの紹介です。

限定発売のイチローズモルト入荷致しました!

イチローズモルト秩父

ザ・ピーテッド2022 

アルコール度数 53%

秩父蒸溜所で仕込んだピーテッドタイプのシングルモルト

原酒の個性そのままのノンチルフィルター、ナチュラルカラーです

 

テイスティングしてみると

しっかりとピーティーでクリーム系ような甘さもあり、複雑さもバランス良くとても美味しいなと思いました!

ぜひお試しください!

ジョニーウォーカーブルーゴースト&レア

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

ジョニーウォーカーブルーゴースト&レアの新商品ピティヴァイックエディションが入荷しました。

こちらのピティヴァイックエディションは3つの閉鎖された蒸留所(ピティヴァイック、ポートダンダス、カースブリッジ)と5つの希少な蒸留所(マノックモア、オスロスク、クラガンモア、ストラスミル、ロイヤルロッホナガー)をブレンドした逸品です!

このウィスキーが入荷する前にブランドアンバサダーの方にオンラインセミナーを開いていただきピティヴァイックエディションについて色々と説明してもらったのですが、1番驚いたのがピティヴァイックが1975年から1993年までのたった18年しか稼働していなかったことです!もちろん閉鎖されていることは知っていましたがこんなに短い間しか稼働していなかったなんて知らなかったです。

テイスティングしてみたのですが、抜群の味わいです!どう美味しいか説明すると長くなりそうなので是非飲んで体感していただきたいです!

かなり希少なウィスキーなので結構いいお値段してしまいますがハーフショットでも充分お楽しみいただけると思いますのでお試しください。

厚岸 大寒

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

二十四節季シリーズ第6弾の厚岸大寒が入荷しました!

今回の大寒は第2弾の雨水、第4弾の処暑と同じく厚岸モルトと輸入グレーンを使用しているウィスキーです。ただし大寒はミズナラ樽熟成の厚岸モルトを使用しているそうです。

雨水は3年熟成メインで処暑は4年熟成メイン、大寒は厚岸モルトがかなりの割合を占めニューポットグレーンは厚岸湾を望む丘の上で3年以上熟成を重ねたものを使用しているそうです。

シトラス系の酸味や甘み、ビターチョコレートのような苦みもありとても美味しく仕上がっています。

厚岸は人気商品ですし大寒という名前なのでこの時期にお召し上がりいただくと良いかもしれません!

アードベッグ・ファーミュテーション

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

新入荷のウイスキー アードベッグ・ファーミュテーション

ボイラーの故障により発酵槽で予定よりも、長く保存されてしまったウォッシュ(水と麦芽糖と酵素が混ざった甘い麦汁、もろみのこと)を使ったアードベッグ。

通常は72時間みたいですが3週間も発酵が続いていたそうです。

年数表記は13年 アルコール度数49,4% 

発酵(Fermentation) 突然変異(Mutation)

ファーメンテーションとミューテーションが合わさったファーミュテーション

 

ボトルもユニークなデザインですよね。ぜひお試しください!

ヒドゥンスピリッツ リンクウッド

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。


ヒドゥンスピリッツのリンクウッド12年が入荷致しました。

あまり聞き慣れないボトラーズだと思うので少しご説明いたします。

ヒドゥンスピリッツ社は2013年にイタリアで設立されたボトラーズ会社です。最上級の樽を選び、驚くべき忘れられないボトルをリリースする!というコンセプトで主にドイツやフランスなどを中心にかなり注目されているそうです。

そんなヒドゥンスピリッツ社が、昨年200周年を迎えたリンクウッド蒸留所の1樽をボトリングし200周年記念ボトルとして日本市場向けに発売されました。

仕入れる前にテイスティングしたのですが、美味しかったので即決でした!

僕のイメージとしてはベリー系のドライフルーツやシェリー樽の甘さやスパイスが感じられとてもバランスが良いと思いました。リンクウッドは個人的に好きな蒸留所なので少しひいき目になってしまったかもしれませんが。笑

この時期にピッタリなオロロソシェリー樽熟成のリンクウッドなので是非お試しください!

ウィンター

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

新しく入荷した数量限定ウイスキーの紹介です!

グレンモーレンジィ ウィンター 

2020年リリースのグレンモーレンジィケークに続く物語シリーズの第二弾、冬物語。

ある雪の日、外の寒さを忘れるような暖かい暖炉の前に座っていたビル博士は、この心地よいひとときをウイスキーで表現できたら・・・と考えました。

そして、シチリア産のマルサラワインの樽を使って13年熟成した豊かな味わいのウイスキーが誕生したのです。

ホームページに載っていた文ですが笑

バーボン樽で熟成後、マルサラワインの樽で追加熟成した限定リリース品です!

 

使用しているマルサラワインの樽ですが、マルサラワインは

酒精強化ワイン(またはフォーティファイドワイン ワインを醸造する際に高アルコールの蒸留酒を加え、アルコール度数を15~22度にまで高めたワイン)

スペインのシェリー酒、ポルトガルのポートワインとマディラワインを合わせて世界3大酒精強化ワインと言われてますが、そこにイタリアのマルサラワインを加えて世界4大酒精強化ワインとも呼ばれてるそうです。

よくティラミスを作る時の風味付けとして使われるのが最も有名な使い方みたいですね

 

 

ボトルデザインも冬らしく可愛いです。笑

ぜひお試しください!

オクトモア12.2

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

今回は世界で最もヘビリーピーテッドなシングルモルト、オクトモアをご紹介させていただきます。

こちらが昨年12月に発売されたオクトモア12.2ソーテルヌカスクです。

オクトモア最新の12シリーズと甘いソーテルヌワインの樽を組み合わせたウィスキーです。

個人的にはこういったスモーキーなウィスキーと甘く仕上がる樽の組み合わせは好きなのですが、オクトモアとソーテルヌワインの甘い樽というのは今まで聞いたことがなかったのでどんな感じになるんだろー。と思っています。

クライスのお客様でも、1番スモーキーなウィスキーを飲みたいという方やオクトモアファンの方は多いです。

是非飲んでみて感想を聞かせてください!

進撃のウイスキー

こんばんは!今夜は有村が担当させていただきます。

 

今週末はクリスマスですね。週末にイブとクリスマス!なんて理想的な・・・笑

最近サンタクロースの格好でデリバリーやツーリングをしている方々もいますよねw

 

少し話は変わりますが12月24日でクライスは9周年を迎えます!!

また、9周年イベントは少し日にちをずらして

2022年の1月10日(月)~1月16日(日)開催です。特別価格でシャンパンやボトルキープキャンペーンもございますのでぜひ!

 

新しく入ったウイスキーの紹介です。

個人的に好きなアニメの「進撃の巨人」コラボレーションボトルが入荷しました!

(左)グレンギリー2012 シェリーバット 8年熟成 

アルコール分 58.7%

シェリーバットはアイラモルトの熟成に使われた樽を使用。

(右)グレンエルギン2008 ホグスヘッド 12年熟成

アルコール分 57.1%

どちらもテイスティングしてみて、僕は左のグレンギリーが好きでした😅✨

 

アニメ中で「心臓を捧げよ!」ってセリフが出てくるのですが、

最後に言わせてください。

「肝臓を捧げよ!」

ありがとうございました。メリークリスマス

厚岸 立冬

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

二十四節気シリーズ第五弾の厚岸立冬が入荷いたしました。

メーカー資料によると、「北国には初雪の便りが届きはじめる季節。徐々に色濃くなる冬のように、厚岸モルトのコクのある甘みも一層深まってまいりました。年末年始の大切なひととき、濃厚な厚岸モルトでお楽しみください。」

なかなか素敵な事が書かれていました。

僕も雪国出身で冬の厳しい寒さは良く知っていますが、個人的には1番好きな季節です。是非この季節に飲んでいただきたいウィスキーの一つです。

程よいピートとフルーティーさ、チョコレートのような甘さと苦さのバランスが良くとても美味しいウィスキーです。

是非お試しください。

最新記事

pagetop