BLOG

勉強会

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

この間、バーテンダーで集まってジンの勉強会を行いました。

今は新しいジンがたくさん増えていますが、その逆の古いジンについての勉強会です。いわゆるジンのオールドボトルについてです。

ゴードンが5種類で、今のものと2年前くらいになくなった47°のもの、70年代や80年代のものなど。あとビーフィーターも今のものと古いもの。

 

バカルディラムも1本古いのをご用意いただき、それぞれオールドボトルを5本くらいで勉強会を行いました。

まずはテイスティングをし、味の違いを確かめてみるとやっぱり全然違いました。

古いゴードンなんかは華やかさがとてもありながらジュニパーの味もがつんと感じ昔ながらのドライジンという感じがしてとても美味しかったです。

その他のオールドボトルもアルコールの香りは強くなく、でも個性がかなり出ているイメージでした。

古いものが全部良いという訳ではなく、現行のボトルにもそれぞれの良さがあります。

もっとジンの知識を増やし、色々なジンを使い分けて皆様にもっと美味しいカクテルを作れると良いなと思いました!

新スタッフ

皆様、こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

もう11月も後半になってきました。

すっかり寒くなってそろそろコートが必要かな。

なんて思っていたら先日、鼻の奥と喉に痛みが・・・

熱は無いのですが、早速病院へ。

風邪薬をいただいてこれで安心なんて思っていたりします。

看護師さんからは「最近すごく患者さんが多いんですよ」と。

インフルエンザの方も増えてきているようで。

そういえばいらっしゃるお客様も「風邪をひいてたんだよ」なんて言われる方も結構多い気がします。

急に寒くなってきましたからね。

今週はとうとうき気温も一桁台になるとか。

冬突入です。

秋は一体どこへ行ってしまったのか。

皆様も体調には充分とお気をつけ下さい。

 

さて先日の月曜日から新しいスタッフが増えました。

まだ若干24歳のメガネ男子ですが、経験は5年と言いますから、頼れるスタッフとなってくれそうです。

これからも新しいスタッフ共々宜しくお願い致します。

徳島

田原です。

段々と夜が肌寒い季節になってきました。

ホットカクテルもメニューに加わり

季節の変化を感じる時期でもあります。

 

 

舩戸から大会報告もありましたが

来年が名古屋で全国大会が開催されることになり

徳島大会の裏方視察に行ってきました。

本来は日曜のみ行き土曜は仕事のつもりでいましたが

そうもいかなくなりまして

土曜から徳島入りし色々と見させていただきました。

 

中日本からは5名視察に入りそれぞれパートに分かれて

邪魔にならないよう勉強させていただきましたが

動きっぱなしで疲れました。

舩戸が選手で出ているので気になってしまい

タイミングが合うと舞台袖からチラチラと見させていただきましたが

本人ともたまに控え室や舞台袖で会うこともあり

変に声かけてリズムを崩してもいけないので

ほとんど声かけずにほっぽらかし状態でおりました(笑)

2日間徳島なので

徳島らしいものをと思い色々とリサーチして

美味しいものでもと思っておりましたが時間がなかなか取れず

2日間徳島ラーメン三昧!!

あと阿波尾鶏という鶏も有名なんですね。

こちらも口にする機会があり、少し食べることができました。

そして大会後中日本メンバー&選手も含めて打ち上げに行きましたが

聞いたらチェーン店で名古屋にもあるお店という

徳島まで来てという状況でした(笑)

 

実は徳島は6年振りくらいで

その時も徳島ラーメンを数件食べた思い出があります。

どうしても日曜になる事が多く

それもありお店が休みとかの関係で

色々行きたいお店があっても行けてないんです。

いつか平日に行ってみたいですね。

 

バーも沢山ありますし

皆様もぜひ徳島へ行く機会がございましたら

ご堪能していただけたらと思います。

表現力

皆さん、こんにちは。

本日は川上が担当させて頂きます。

休みの日に美術館で銅像について勉強を致しました。

 

 

この銅像はジャン・ド・フィエンヌ裸像でございます。

ジャン・ド・フィエンヌは14世紀の百年戦争に登場し

イギリスがフランスのカレー港を包囲する際に

6人のカレー市民がイギリスに立ち向かう場面を表現されています

オーギュスト・ロダンが19世紀にジャン・ド・フィエンヌの立場になり

過去を想像しがら作りだしました。

僕がジャン・ド・フィエンヌの立場になれば恐怖感で現実から逃げる選択をし

臆病者と世間に思われるでしょう。

カクテルも歴史に関わっています。

ウオッカベースのブラッディメアリーの由来は

人々がイングランド女王メアリー1世を血塗られたメアリーと

比喩していたと伝えられています。

ブラッディメアリーの発案者とジャン・ド・フィエンヌの発案者は

歴史から学ぶ事によって新しい物を見出す力を身につけたのでしょうか?

カバランジン

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

新しくジンが入荷致しました。台湾産のカバランジンです。

 

ウィスキー好きの方ですとカバランと聞いてピンとくる方もいると思います。

何年か前から話題になりウィスキーの国際コンテストなどでも賞を総なめにしたりもしています。

そのカバラン蒸留所からジンが発売されました。

このジンは同じ蒸留所内にあるドイツ製の連続式蒸溜器で3回蒸留して作られているそうです。

ボタニカルにはジュニパーに加えて、金柑、レッドグアバ、スターフルーツなどなかなか個性的なフルーツが使われています。

柑橘系の苦みや甘み、トロピカル感など複雑ですがバランスの良いジンだと思います。

ジンブームはまだ続きそうですが最近のクラフトジンとはまた違った感じなので是非、台湾産のカバランジンもお試しくださいませ。

全国大会を終え

皆様こんにちは。

本日は舩戸が担当です。

10月ももう終わり、気づけば一年も残り2ヶ月。

早いですね。

季節ももうすっかり秋めいて夜なんかは寒いくらいです。

これはもう冬の入口に入ってしまったような気がしますが、秋はどこに行ってしまったのか。

そろそろ鍋が恋しい季節です。

 

さて先日の日曜日、バーテンダー協会の全国技能競技大会がJRホテルクレメント徳島行われました。

私、舩戸も選手として出場させていただきましたが、結果はイマイチ。

応援していただいたお客様方ありがとうございました。

来年は名古屋で全国大会が行われます。

来年こそは良い結果が出せるように頑張りたいと思います。

これからも宜しくお願い致します。

臨時休業

大変遅くなりましたが臨時休業のご案内です。

明後日の10月27日(日曜)舩戸選手が全国バーテンダー技能競技大会出場のため

お休みをいただきます。

 

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

グレンモーレンジィハウスイベント

田原です。

ここのところ色々なイベントなどがあり

少しバタバタする状況ですが

来月には年末年始のことも進めていかなくてはいけません。

12月には周年のこともありますし

やることが目白押しの季節になってきました(笑)

 

そして先日書かせていただきましたグレンモーレンジィハウスイベントに行ってきました。

会場を初めて拝見したのですが

屋根付きの屋外会場のような感じで

天気がいいと気持ちよさそうな場所でした。

 

あいにく雨模様で少し肌寒く心配しましたが

お客様も沢山お越しいただいており

やる気満々で早々に準備を済ませ、スタンバイしておりましたら

主催の方から提案で何日間かやってきた中で

ライブが終わると少しお客様が少なくなるので

カクテルのスケジュールを早めていいかとの提案でしたが、準備万端でしたので

どうぞ、どうぞとのお話になり

30分早めてスタートしました。

今回のカクテルはステアという調合方法で

大きなビーカーのようなグラスに氷と材料を入れ

バースプーンという長いスプーンで混ぜ合わせて完成です。

 

ウイスキーベースですし

風味を活かして尚且つ飲みやすく仕上げました。

なかには3杯4杯とお代わりいただいたお客様もみえて

仕事をさせていただき大変嬉しいことでした。

 

同日に横浜でカクテルコンクールも開催されており

そちらが終わってからご来場いただいた方もみえました。

こちらのカクテルは材料が揃っておりますので

またご興味ございましたら

ぜひご注文いただけたらと思います。

 

明日から徳島へ舩戸選手が旅発ちます。

私も明日から向かいますが

お店は土曜営業で翌日(大会当日)はお休みをいただきます。

何卒ご理解のほど宜しくお願い申し上げます。

研究会

皆さん、こんにちは。

本日は川上が担当させて頂きます。

バーテンダー協会の研究会でサントリースピリッツ様のジンについて勉強を致しました。

 

 

世界のジン市場は急速に拡大し続けています。

その要因としては大手ジンブランドがフレーバージンを発売する事によって

若年層にジンの魅力を広げました。

ビーフィーターは1820年から発売し続けてる伝統的なジンでございまして

名称の由来は牛を食べる者とユーモアな考えだと思いました。

六ジンは日本の味わいを表現されたジャパニーズジンでございまして

6種類の日本の素材を活かすので六角形ボトルとシンプルな考えだと思いました。

シップスミスは200年振りに誕生したロンドンドライジンでございまして

ラベルにスワンネックは蒸溜器から頭が描かれてる芸術な考えだと思いました。

世界中のジンにはそれぞれの味や香りや歴史がございます。

ジンの知識が溢れる研究会で非常に勉強になりました。

運命のドラフト

みなさんこんにちは。

本日は佐藤が担当させていただきます。

ここ最近はスポーツで日本中が大盛り上がりですね。ラグビーにバレーそして明日からはプロ野球日本シリーズが始まります。

そんな中、昨日10月17日は高校球児にとってこの先の人生が決まるドラフト会議が開かれました。

高校、大学、社会人、独立リーグでプロ志望の選手にとっては運命の日となります。

緊張しながら学校などで記者たちに囲まれながら指名を待つのが普通ですが、面白い形でまさかの指名を受けた選手もいたみたいです。

ホンダ鈴鹿のある選手なのですが、まさか自分が指名されるとは夢にも思っていなかったらしく部屋で寝転びながらドラフト会議を見ていたそうです。そして今年大注目の大船渡の佐々木投手や星陵の奥川投手が1位で指名される所をまるで人ごとのようにウトウトしながら見ていると一緒にいた同僚から、おい!お前指名されたぞ!と言われ慌てて飛び起き大喜びしたそうです。まさしく人生が劇的に変わった瞬間ですね。

こういった奇跡が起こる選手もいれば、待ちに待っても指名されず野球の道を諦め一般企業に就職する選手も何にもいます。

幼い頃に父親に野球を教えてもらい野球を始めるもその後父親が他界。母親は女手一つで寝ずに働き息子の野球を応援し、高校ではプロに入れず諦めて就職をして家にお金を入れると決意するもそれに対して母親は大激怒して息子の好きな野球を辞めさせなかったそうです。その後大学で一生懸命がんばりプロへ入り今では年俸2億超えという選手もいます。息子が野球を辞めようとしていた時のあの決断は勇気がいると思います。ほんとに感動しました。

僕もこの先の人生なにが起こるか分かりませんが、何事にも一生懸命でありたいなと思いました。

最新記事

pagetop